読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クジラの歌

生物多様性の理解と動物福祉の向上を目指して。

ロックPDCAをつかって、ブログのアクセスアップを目指す。

読書

年間5000人を変える現場コンサルタント横山信弘さんの絶対達成する部下の育て方という本を読んでいます。

絶対達成する部下の育て方――稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」

絶対達成する部下の育て方――稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」

 

 

普段、好んでこのようなビジネスに関する自己啓発書は読まないのですが上司に勧められて読んでいます。

話はそれますが私は人に本を勧められることも進めることもあまり好きではありませんでした。読書の好みってマッチすることが少ないから。そして、本を読むのは大半の人にとって時間がかかることだから。

でも、読書の可能性に気づいてからはめちゃくちゃ人に本を勧めたくなりました。その逆もしかりで本を勧められたくなりました。

是非、私にお勧めしたい本があれば教えてください。

読書の可能性に気付いたことに関する記事も書いています。気になる方はこちらをご参照ください。


話を戻しますが、絶対に達成する部下の育て方という読みなれない本を読んでいます。

内容は凄く理論的でわかりやすいです。書いてあることは正論ばっかりで頭には入ってきます。ただ、取り組み方が超熱血な感じがします。最近の言葉で言うなら脳筋。

だから正直ちょっと肌に合わないなと感じる部分はあります。

 

でも、脳筋だけじゃなくそれが理論に基づいているので部分的に取り入れたいと思うことは多いです。

その一つがロックPDCAという考え方です。

社会人の方はPDCAは聞きなれた言葉ですよね。

Plan(計画)⇒Do(行動)⇒Check(検証)⇒Action(改善)をサイクルさせることで業務改善を行っていく手法です。

 

著者はこの中でDoが最も大切だと述べます。Doを100%やりきらないと、PDCAサイクルが回っているとは言えないと。

 

そのDoを100%実施するための方法がロックPDCAです。

内容は簡単で、誰かが例えば『今月は150件営業訪問します。』と言えばそれに対して『ロックしますか?』と尋ねることです。

これはできない理由のない行動をロックするということでやりきる習慣を身につける手法と述べられています。

すごく単純だけど意味のあることだと思ったのでこれを取り入れます。

 

私がロックするのは今から1ヶ月間は2日に一回は記事をアップするということ。

これでアクセスアップを目指します。アクセスアップを目指そうと思った理由は後日述べたいと思います。

もう一つは記事は1時間以内で書き終えること。これなら負担もそんなにないはずです。

 

ロックPDCAが気になった方は緩いロックでもいいので是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

絶対達成する部下の育て方――稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」

絶対達成する部下の育て方――稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」