animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

社会を良くするためにyoutuberヒカルによるyoutube募金が始まります。

これだけは見てほしい!というような動画が3時間前位にアップされていました。

 

www.youtube.com

 

動画はヒカルという日本トップクラスのyoutuberが、youtube募金なるものを始めます!

金額とかその想いとかは是非動画を見て判断してみてもらいたいです。

 

動画を見てもらえたら、この記事の本懐は達成されたも同然です。

 

なのでここより下は余談です。蛇足です。

 

ヒカルのことを知らない人向けにほんのちょっとだけヒカルの紹介をします。

ヒカルの動画をどんな人が見ているのかというと、10代から30歳ぐらいの方が多く見ているそうです。学生の方が多そうなイメージです。

実際、本当に彼の影響力は凄いです。チャンネル登録数は230万人、1カ月の平均動画視聴数は1億再生です。

だからおそらくヒカルの動画を見ている年代の募金に対する意識は高確率で少し上がると思います。

それに私たち社会人もつられるべきだと思います。この勢いを若年層だけにとどめてはダメなんじゃないかと思います。

 

話があちこちに飛びますが、私、嬉しすぎてこの動画を何回か見たのですが、ヒカルが自身のことを偽善者だというくだりがあります。

『募金をすることで回りまわって自分のためになるって、心の奥のどこかで思っている。だから自分は偽善者だ。』って。

でも、心の奥のどこかでってすごく曖昧ですよね。もしかしたら潜在意識で思っている可能性があるくらいの話ですよね。

だから多分顕在意識ではものすごく社会貢献したいと思ってくれていると思うんですよ。それが嬉しい。

 

そして、『自分が毎月募金をすることで、募金をする人が増えるんじゃないか』とも言っていました。

これは、偽善者の思考パターンではないです。やっぱり、本当に社会を変えていきたいと考えているのだと思います。

 

youtubeが社会を変える。

私はこれはすぐに実現すると思います。

 

これまでyoutubeは多くの人の人生を変えてきました。

HIKAKINもヒットするまで冴えないスーパーの店員でした。この動画のヒカルだって高卒で最初の就職先は工場だと言っています。

彼らがyoutubeに出会うことで彼らの人生が変わり、そして彼らの恩返しとして社会が変わる。

youtuberは馬鹿にされがちですが、素晴らしい好循環だと思います。

 

どうか偏見のない目で彼らのことを見てあげてください。

そして、もしヒカルの考え方に共感を持った方がいれば、まずは動画を見てあげてください。それが社会を変えるパワーに繋がるのだと思います。

 

 

参考までに私が過去に書いた寄付の記事を載せておきます。

caffeyne.hatenablog.com

 

caffeyne.hatenablog.com

 

caffeyne.hatenablog.com