満月なのでご紹介します。

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

本の感想

マンガワンに掲載されている、いつか買うと決めているほど面白いオススメの漫画4選を紹介します。

マンガアプリっていろんな漫画が条件付きで無料で読めて最高なんですが、その中でも一番オススメしたいのはマンガワンというアプリです。 マンガワン SHOGAKUKAN INC. ブック 無料 何がいいって、連載されている漫画の質が素晴らしい!完全無料で楽しめるの…

ホリエモンの『健康の結論』を読んで、やると決めた3つのこと。

絶賛ストレス性の肋間神経痛*1に悩まされている西村です。 肋間神経痛なんて背中が痛いだけだし、肋間神経痛で死んだ人っておそらく人類史上いないです。それでも頭の中は『背中痛い』で溢れるので、とんでもなくQOLを下げてしまってます。無念。背中痛え。 …

読書の秋って言葉にピンときて読書する人なんかいない。だから図書館の大魔術師という漫画でも読んでくれ。

今週のお題「読書の秋」 今週のお題が読書の秋です。 秋というには寒すぎて、読書をするにも寒すぎるのではと、趣味が読書の西村は思っています。 しかも読書というのは完全に習慣の領域で、『なるほど読書の秋か!』普段は読まないけどチャンドラーのロング…

家族愛と負けず嫌いの『ランウェイで笑って』を読んでほしい。

ランウェイで笑ってという漫画をご存知でしょうか? ランウェイで笑って(1) (講談社コミックス) posted with ヨメレバ 猪ノ谷 言葉 講談社 2017-09-15 Amazon Kindle ファッションショーとかデザイナーとかモデルとか、そういうファッション業界を題材にした…

ブルーピリオドという漫画を高校生の頃に読みたかったから、今の高校生は絶対読んでくれ!

んでくれブルーピリオドという漫画がとにかく熱い。 まだ3巻までしか出ていないので、とにかく買って中身を確認して欲しいんですが、そうもいかないので気合いを入れて紹介します。 ブルーピリオド(1) (アフタヌーンKC) posted with ヨメレバ 山口 つばさ 講…

生き物が絶滅する確率は99.9%!!『わけあって絶滅しました。』は子どもにおすすめ!

1つの種、あるいはグループが地球上から永遠に姿を消すこと...それが絶滅です。とてもひどいことのように感じますが、生き物の歴史をながめてみるとそうではないことがわかります。動物たちが喜んで消滅していったわけではありませんが、大きな絶滅の後には…

マンガワンという沼に引きずりこむためにオススメを紹介する

マンガワンという無料のマンガアプリがある。 最近これを人に勧めまくっている。 なぜなら無料と思えないくらい面白いからだ。毎日楽しめる。まさに沼である。 ぜひ皆様も騙されたと思ってインストールしてみて欲しい。 以上! という記事でもいいんですが、…

読書という孤独を解消するためのツールとしてのオンライン図書館のススメ

僕はどうしようもなく読書が好きです。 音楽を語るときよりも、スポーツを語るときよりも、本について語ることが好きです。 「趣味ってなんですか>」 ですが「趣味ってなんですか?」とか「休みの日に何してるんですか?」と聞かれたときに、「読書です。」…

グラミン銀行の16ヶ条の決意をどうしても心に留めておいてほしい。

グラミン銀行を知っていますか? 2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士が創設した新しい形の銀行です。 その信念は『貧困のない世界を創る』というもの。 その銀行が掲げる16ヶ条の決意が素晴らしく、どうしても知ってほしいと思ったので、…

自分の変化の尺度を持っておいた方がいい。

人生の勝算という大ヒットしている本があります。 人生の勝算 (NewsPicks Book) 作者: 前田裕二 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/06/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 人生の勝算とSHOWROOM 人生の勝算という本はSHOWROOMという仮想ラ…

圧倒的敗北感を味わいたいなら『日本再興戦略』『お金2.0』を読んでくれ!

日本再興戦略を書いた落合陽一とか、お金2.0を書いた佐藤航陽とか、それらを全て編集している箕輪厚介とかめちゃめちゃ影響受けてます。 日本再興戦略 (NewsPicks Book) 作者: 落合陽一 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/01/31 メディア: 単行本 この商…

落合陽一の影響による寝不足気味な日々を、堀江貴文で薄める日が来ようとは。

最近何回も紹介してますが、落合陽一さんというとんでもない人がいます。 日本が世界に誇る科学者で、成果の量も著作のクオリティもものすごいのです。ですが、それを支えるための仕事量が狂っていて、睡眠時間が圧倒的に少ない人です。 そんな落合陽一に影…

著者をヒリヒリさせるほどの感想を書けていますか?自分の考えを述べることの重要性。

ちきりんのツイートがきっかけで色々考えたので聞いてください。 たとえば本に書いてあった文章をそのままコピペ(引用)して本を紹介しても、「その本に何が書いてあるか」しか伝わらず、「あなたはどんな人なのか、あなたはどんな考えをする人なのか」が伝…

募金がしっくりこない人こそクラウドファンディングをしてみて欲しい!

募金でお金をもらう側の話ではなくて、募金でお金をあげる側の話です。 僕は募金や寄付をよくします。特に、最近は1円単位の小銭なんて全部寄付したいと思っているので、レジ横に募金箱がないとがっかりするくらいには募金しまくっています。*1 ですが、多く…

2017年最も読んでほしいと思った本は『暴力の人類史』でした。

2017年たくさんの本を読みました。 2017年読んだ本全部レビューするみたいなのも面白いと思うのですが、挙げだすときりがないので、今回は全人類に読んでほしいと思った本を一冊紹介します。 そう、タイトルにもある通り、暴力の人類史という本です。 暴力の…

動物愛護の際に批判される擬人化や、動物の感情について

擬人化を行うことで感情の解釈の間違いは起こりえますが、それが他者(ヒト以外の動物を含む)を理解する上で最も効果的な方法です。 そして、飼いネコが私たちの元にネズミをくわえて持ってくるのは、彼らが私たちのことを擬猫化していることに他ならないの…

極端でありたい。見城徹氏のたった一人の熱狂を読んでそう感じた。

極端でありたい。 その影響を受けたのは、幻冬社社長の見城徹氏の本を読んだからです。 読んだのは以下の3冊。 憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫) 作者: 見城徹,藤田晋 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/06/20 メディア: 文庫 この商品を含…

2017年めちゃくちゃ本読んだので、オススメ10冊紹介します。

2017年めちゃくちゃ本を読みました。 最大は一ヶ月に50冊読みました。そんな一年だったので、たくさんいい本にも出会えました。せっかくなのでそれらのうちから良かったものを10冊だけ紹介したいと思います。 ベストセラーも多いですが、そんな場合には感想…

勉強の意味とかよくわからなくなったら、とりあえずphaの知の整理術を読んでみてほしい。

なぜ勉強をする必要があるのか?という問いは誰だって持ったことがあると思う。例えば、国語や算数といったものは必要最低限は身につけるべきなのはみんなわかると思うんだけど、因数分解とか流体力学とかは正直普通に生きているとほとんど使わない。 ホリエ…

『本を作るという仕事』本が好きな人に一番おすすめしたい本。就活前にも。

本がどのように出来上がるか知っていますか? 出版社ごとの書体の違いに気づいたことはありますか? どこに職人の魂がこもっているか気にしたことはありますか? そういったもののほんの一部かもしれませんが、知ることができる本があります。 本を作るとい…

することがないけど外に出たくなったらpha著『ひきこもらない』を読んでくれ。

森見登美彦が四畳半神話体系の中でこう語っています。 寺山修司はかつて、書を捨てて街へ出ろと言ったそうだ。しかし当時の私は思っていた―街へ出て何をしろというのだ、この私に。_『四畳半神話大系』 — 森見登美彦ーbot (@MBCmeigen_bot) 2017年4月17日 寺…

革命のファンファーレのサイン本を買った。

キングコングの西野亮廣が書いた『革命のファンファーレ』を買ってしまった。 衝動買いです。 たまたま東京のTSUTAYA書店に行ったときにレジ横に革命のファンファーレのサイン本が並んでいたんですよ。 それで、いつか買おうと思っていたしどうせ買うならサ…

秋の夜長に、キャッチャーインザライ

今週のお題「読書の秋」ということで、記憶をひっくり返して、一番最初にぴったりだと思った本を紹介します。 キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション) 作者: J.D.サリンジャー,J.D. Salinger,村上春樹 出版社/メーカー: 白水社 発売日…

【感想】YouTuberジョーの『JOE DAYS常識バンジージャンプ』という本買ってみた。

この本を買った人はそんなにいないと思う。 真っ当な方であればYoutuberの書いた本なんて興味がないと思うし、そもそも書店に並んでいないんです。 ただ、Youtubeの説明欄にこういう本を売ってるよーとあったのでポチってしまった。 Youtuberジョーとは? も…

可愛いは正義と動物多様性について。へんないきものでも愛せますか?

変な生き物を知りたかったらこの本を買うしかない!! へんないきもの (新潮文庫) 作者: 早川いくを 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2010/05/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (7件) を見る 実は結構なベストセラーみたい…

日本の動物福祉にとっての偉大なる一歩!人気漫画『銀の匙』に動物福祉という言葉が登場した!!

ついにここまで来たかという思いです。 『銀の匙』の14巻に動物福祉という言葉が登場したんです! しかもちょっとしたセリフじゃなくて、ヒロインにとっての大切な場面で使われたんです! それについては後ほど詳しく紹介します。 興奮冷めやらぬ感じですが…

『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ』鳥に興味がない?そんなの関係ないから読んでくれ!

・・・うっ、おぇっ! 突如わき上がったのは、口内の不快感と嘔吐の声だった。ランプに集まる無数の小バエが、呼吸とともに口と鼻から侵入してくる。このまま電装機にかけられたら、恐怖の蝿男も夢じゃない。死体天国は、分解者たるハエ天国でもあったのだ。…

ささやかな幸せの見つけ方を教えてくれる小説ー『アイネクライネナハトムジーク』

伊坂幸太郎の作品が好きで、その中でも特に好きなのは何気ない日常にスポットライトを当てた作品です。 そんな日常系の作品の中でも特にこれまで一番好きな作品はこのブログでも何度か紹介してきた『砂漠』という作品です。 砂漠 (新潮文庫) 作者: 伊坂幸太…

ジャケ買い⇒乱読⇒書評のサイクルでマイナー本を紹介して書評のプロに勝つ!!

タイトルが全てです! 過去、数回smartnewsさんに記事を取り上げて頂いたことがあるのですが、そのほとんどがマイナー本の紹介でした。 ただ、マイナー本ばっかり紹介してきたわけではありません。 私は結構、書評系の記事を書いてきましたが、ベストセラー…

本が好きなら『響』と『重版出来!』という漫画だけは読むべきだ!!!

小説や漫画が好き! でも実はそれらがどのように私たちの手元に届くのか実は知らない。という人も多いと思います。 それはひじょーにもったいない!だってそのプロセスこそ面白いからです。 だからその一部を知ることが出来るマンガを紹介したいと思います!…