animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

けものフレンズを見て動物園に行くフレンズへ

けものフレンズが謎のブームを見せている。

一番人気は、サーバルキャットのサーバルちゃんらしい。

で、それに伴ってサーバルキャットを動物園に見に行く人が増えているらしい。

twitterを見ていてもその様子は伝わってくるので、実際に動物園を訪れる人の数は増えているのだろう。すごーい。

 

一部の方が迷惑行為をしてしまっている現状があるみたいですが、私は大人が動物園に行くことに賛成で、現状を嬉しく思っています。

 

そして、動物園を訪れた方々が日常生活では見ることのできない、動物姿を目の当たりにしてほしいと思います。

飼育員さんの想いのこもった動物の解説に真摯に耳を傾けてほしいと思います。

いたるところに置いてある、動物の説明看板をじっくり読んでほしいと思います。

何よりも動物の気持ちを考えてみてほしいと思います。

飼育員さんと触れ合って楽しそうだなーとか。なんで今ジャンプしたんだろう?とか。一人で寂しくないのかなとか。この動物なら檻が無くてもフレンズになれそうとか。

 

残念ながら動物園は完全な施設ではありません。

本来、自然界にいるべき動物を檻という空間に閉じ込めて一生を過ごさせるという残酷な面があります。

動物にとってのメリットは、絶滅から守られるという点くらいなのかなと私は考えています。(これも動物個体にはあまり関係のないことではありますが。)

それ以外は、人を楽しませるため。人の知的好奇心を満たすため。人の研究対象とするため。という考え方が大きいような気がします。

 

人のために動物の一生を制限することについては倫理的に議論される余地があり、そのことに関しては以下の記事が非常に分かりやすく解説してくれています。是非読んでみてください。

davitrice.hatenadiary.jp

 

 

私も動物福祉のことを考えるようになってから動物園に行くことが増えました。そのことが必要以上に飼育動物を増やしてしまう原因になるのではという葛藤を抱えながらではありますが。

それでも、やっぱり動物園ってある程度は必要な施設なんじゃないかと今のところは思っています。

見たこともない動物に共感や愛情を感じるのはきっと難しいからです。第六回目の絶滅を迎えているという地球においては一人一人が動物のことにもっと関心を持つべきだと思います。なぜなら動物園はそのきっかけの一つになれると確信しているからです。

なぜ生物は絶滅してはダメなのか。今、地球は6度目の大絶滅を迎えているということを知っていますか? - クジラの歌

 

また、動物園もただ動物を檻に入れるだけのの動物展示施設から、動物本来の能力・生態を見せたいという行動展示施設に生まれ変わっています。

行動展示施設にするための葛藤や、生き物と共にいることの喜びや困難については、片野ゆかさんの動物翻訳家という本に詳しく紹介されています。

この本はもう何度も紹介しています。動物園を訪れるならば是非読んでいただきたい一冊です。

動物翻訳家 心の声をキャッチする、飼育員のリアルストーリー

動物翻訳家 心の声をキャッチする、飼育員のリアルストーリー

 

 一応、こちらの本も過去にレビューしています。

【感想/動物翻訳家】生き生きした動物が見れる!行動展示をしているおすすめ動物園の紹介【片野ゆか】 - クジラの歌

実際に、この本で紹介されている埼玉こども自然動物公園にも行ってきました。

f:id:caffeyne:20170219113259j:plain

波の出るプール

f:id:caffeyne:20170219113926j:plain

フンボルトペンギンの生態に合わせた草木。

f:id:caffeyne:20170219114038j:plain

そこで巣を作るペンギンたち。

こんなにも自然なかたちで動物を見ることのできる動物園はなかなかありません。この動物園は本当に素晴らしかった。

だから皆さまにも動物園の楽しさに留まらず、行動展示の素晴らしさにまで興味関心をもってほしいと思い紹介しました。

 

最後に繰り返しますが、私は多くの人が動物園を訪れて動物と触れ合うことには賛成で嬉しく思います。

ただ、動物園のあり方についてはまだまだ議論されるべきだと思います。それを考えるのは子どもではなく大人です。

だから、せっかく動物園に行くのであればその感想は『すごーい』だけでは終わってほしくない。