満月なのでご紹介します。

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

東京で一番おすすめの水族館| アクアパーク品川のイルカショーを一度は見てほしい!!!

僕は生き物が大好きなので、動物園や水族館によく行きます。

 

北は旭山動物園から南は美ら海水族館まで行きました。

 

そこで今回は東京で一番オススメの水族館である、アクアパーク品川のドルフィンパフォーマンスを紹介したいと思います。

もう素晴らしすぎます。初めて行ったときにはボロボロ泣きました。

f:id:caffeyne:20160516210148j:plain

イルカショーの風景

 

アクアパーク品川のドルフィンパフォーマンスについて

アクアパーク品川のドルフィンパフォーマンスは二部構成になっています。

デイバージョンの「HIKARA」とナイトバージョンの「花宴」です。

f:id:caffeyne:20160516215141j:plain

「HIKARA」

 

f:id:caffeyne:20160516215152j:plain

「花宴」

上の二枚の写真は公式HPから引用させて頂いております。

 

今回はデイバージョンの「HIKARA」を紹介します。

 

パフォーマンスに登場するイルカたち

まずはパフォーマンスをするイルカたちの紹介です。

4頭のカマイルカ

f:id:caffeyne:20160516222739j:plain

アクアパークにいるイルカの中で一番小さいです。

カマイルカの見どころは、プール内の全力疾走です!!

普段イルカの全力の泳ぎって見たことがありますか?

僕はアクアパーク品川でしか見たことがないように思います。

 

想像を超える速さです。これは言葉では伝わらないので、ぜひ見て見てもらいたいです。イルカたちの本当の姿に少しでも触れて見てください。

他には音楽に合わせて首を振ったりと、一番愛嬌があるのもカマイルカたちだと思います。

2頭のバンドウイルカ

f:id:caffeyne:20160516222705j:plain

トレーナーさんと一緒にパフォーマンスをするのが、バンドウイルカ達。

トレーナーさんを運んで泳いだり人と一緒に遊ぶことが得意です。

回転系のジャンプも得意で体操の白井を超えてました。

2頭のオキゴンドウ

f:id:caffeyne:20160516222947j:plain

アクアパークで一番大きいイルカです。

というか、分類上はクジラです。(ちなみにイルカとクジラの区別はサイズだけです。)

とにかくパワフルです!

水かけのパフォーマンスがあるのですが、オキゴンドウが宙を舞って着水する時の水しぶきはとんでもないです!

もはや水の塊が襲ってくる感じでした。

 

※パフォーマンスに見惚れてしまって写真を撮っている場合じゃなかったので、バンドウイルカ以外の写真はphotoACより引用しています。

 

HIKARA

5名のトレーナーさん達と、3種類8頭のイルカたちが一つのプールで共演します。

そして我々観客もそれを観ているだけじゃなくて、音楽に合わせて手拍子で参加します。

手拍子に合わせてカマイルカたちが首を振ってくれたりして、それがものすごい一体感を生み出します。

またプールの中央上部に設置されているウォーターカーテンの作製装置があり、

音楽やパフォーマンスに合わせて水が落ちてきます。

そのウォーターカーテンと音楽とイルカのパフォーマンスがミックスされた状況は、とても幻想的でした。

 

f:id:caffeyne:20160516234619j:plain

トレーナーさん達

一つの円形のプールを囲むように5名のトレーナーさん達が配置されています。

そしてHIKARAのテーマに合わせて和装で参加されています。

 

よく考えてみてください。5名ですよ?円形ですよ?

どこにいるトレーナーさんが指示を出してどのイルカが反応するのか本当に集中していないとわかりません。

きっとそれはイルカたちも同じで、その緊張感がパフォーマンスを素晴らしいものにしているのでしょう。

そしてそのときのトレーナーさん達の動きがとっても凛々しくてかっこいいんです!

手をピッと虚空に伸ばす姿や、回転ジャンプの指示の手をくるくる回す姿。

是非、イルカ達だけじゃなくてトレーナーさん達の動きにも注目していてほしいと思います。

f:id:caffeyne:20160516233742j:plain

音楽

HIKARAは日本文化と西洋文化の融合がテーマでもあるので、パフォーマンスに使用されている音楽も和風ロックです。

というかまさかのボーカロイド曲でした!!!

採用されていたのは以下の二曲!


初音ミク「千本桜」

千本サクラはTOYOTAのアクアのCMに採用されていた曲です。


At God's Mercy - rerulili feat.Vocaloids / 神のまにまに - れるりりfeat.ミク&リン&GUMI

神のまにまにという曲がドルフィンパフォーマンスのクライマックスで使用されていた曲であり、手拍子もこちらの曲で行います。

歌詞の一部を抜粋。

そうさ

神のまにまに

仰せのままに

誰だって地球を愛してる

イルカが飛び跳ねてるのを見ながら『誰だって地球を愛してる』って歌詞が耳に入ってきて私の涙腺は崩壊しました。

 

これは余談ですが、冒頭にも書きましたが、僕は生き物が好きな反面、動物園や水族館という施設で暮らす動物たちの寂しさも痛いほどに感じています。

動物園や水族館に行くたび、楽しさと後ろ暗さが入り混じった微妙な感情が生まれます。

だからこそ『誰だって地球を愛してる』という歌詞を聞いたときに、どうか本当にそんな世界が来てほしいと思ったんです。

そしてそんな世界に動物園や水族館は存在するのかということも考えてしましました。

 

クジラのうた

このドルフィンパフォーマンスでは音楽に合わせてイルカたちが歌います。

まさにクジラのうたです。

8頭の同時の発声。あんな大きい声聞いたことないです。

イルカ達も必死に命を生きているんだなと感動して、このタイミングでも泣いてしまいました。

 

結婚式にも使用できます。

僕がアクアパーク品川に行った日はたまたま結婚式が開かれていました。

一番最初にアップした写真の正面のプールサイドが白い花で彩られているのが確認できるかと思います。それが結婚式用の装飾です。

結婚式向けの音楽やパフォーマンスもありました。

そして、めちゃくちゃ羨ましいと思ったのが、新郎新婦がイルカたちにジャンプの指示を出してたんですよ!

手をピッと前に差し出すとカマイルカたちがジャンプを繰り返してくれるんです。

これはやってみたいですよね。

もう結婚してしまった方は残念ですが、これから結婚される方は是非ご検討を!

 

おわりに

アクアパーク品川のドルフィンパフォーマンスには人の心を揺さぶる何かがありました。

この記事で興味を持っていただいた方は、ぜひ一度は見に行っていただければと思います。

単純にパフォーマンスの美しさを見に行くのでもいいです。カマイルカたちの全速力の泳ぎを見に行くのもいいです。

ただできれば、人と動物の共生のカタチってこれでいいのかな?ということも考えて見てくれれば、この記事を書いたかいがあります。

 

実は僕はこのドルフィンパフォーマンスを同じ日に2回見てしまいました。

(そして2回とも泣きました。笑)

 

本当にオススメなのでぜひ行ってみてください!

 

参考資料

もしドルフィンパフォーマンスが素晴らしいと思ったら、ぜひ野生のイルカやクジラにも興味を持ってみてください!

写真集はこちらがとってもとってもおすすめです!