満月なのでご紹介します。

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

オンライン図書館員が選ぶ、貸したいおすすめ小説ランキング!

先日より、オンライン図書館『はこぶね』を開館しています。

 

はてなブログでコメントしていただくか、twitterのDM or リプにて連絡をいただければブログで紹介している本をお貸しするという仕組みにしています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

オンライン図書館『はこぶね』を始めました! - animal reading

 

過去にブログで紹介した本も全てお貸しできますが、ある程度まとめたほうが便利と思いオススメの小説ランキングを紹介します!

 

 

10.水族館ガール/木宮条太郎

水族館を舞台にしたお仕事小説です。松岡茉優さんが主演のドラマで知った方も多いでしょう。

正直、「ストーリーがめちゃくちゃ面白い!!」って感じではないのですが、生き物に向き合う仕事をライトに知ることができるという点で紹介させていただきました。

9.夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦

森見登美彦の最高傑作だと思っています。他に類を見ない珍事件、表現。

合わない人は合わないかもしれませんが、ハマると止まらない。単純に楽しみたいときに読みたい本です。

この本を読めば『黒髪の乙女』に魅了されること間違いなしです。

8.アルケミスト /パウロ・コエーリョ

ブラジルの作家の本で、宝物を探す少年の物語。少年の旅を通じて、大切なものとは何かということを知ることができます。

ちなみに鋼の錬金術師は、明らかにこの本にインスパイアされています。

7.凍りのくじら/辻村深月

かがみの孤城で本屋大賞を受賞した辻村深月さんの初期の本です。

SF(少し不思議)な部分が辻村深月さん小説に共通する魅力であり、凍りのくじらではドラえもんの秘密道具をオマージュにしながら物語が展開されていきます。

僕はドラえもんはアニメでちょっと見た程度ですが、この本を読んでからドラえもんを読みたくなりました。ドラえもんファンも必読の本です。

6.華氏451度/レイ・ブラッドベリ

書物が禁止され、それらが燃やされてしまう世界の話です。

そんな世界もはや来ないと思うかもしれませんが、書物を燃やす焚書は人間の歴史において実施された事実です。

そんな世界でもたくましく生きる人の姿とその悲しみ、希望を描いた作品です。

5.蟬しぐれ/藤沢周平

僕の中での最高の時代小説の一つです。

ひとりの少年藩士が成長してゆく姿をゆたかな光のなかで描いたこの作品は、名状しがたい哀惜をさそわずにおかない。

と紹介されるこの本で、僕は前向きに諦めるということを知りました。

何度も繰り返し読んだ、数少ない本でもあります。

4.蜜蜂と遠雷/恩田陸

2017年に本屋大賞を受賞したクラシック音楽のコンクールを舞台にした本です。

小説や漫画において音を表現するというのは非常に難しいものがありますが、この本は音楽の表現が素晴らしいです。

しかし、この本が多くの人に好まれる理由は音楽の表現だけではありません。彼らの才能や努力、嫉妬、諦めといった感情が、彩り鮮やかに描かれている点こそこの本が愛される理由だと思います。

何度も読み返したい一冊です。

3.かがみの孤城/辻村深月

こちらは2018年に本屋大賞を受賞した、学校というモンスターと闘う子どもたちと彼らに訪れた魔法を描いた物語です。

凍りのくじらの紹介でも書きましたが、辻村深月さんの魅力は僕たちの身の回りにありふれた悲しみと、それを緩和するちょっとした魔法だと思います。

本当に、この本は子どもたちの力になる本だと思います。全ての闘う子どもたちとそれをサポートする大人たちに届いて欲しいです。

2.星を継ぐもの/ジェイムズ・P・ホーガン

月面で発見された真紅の宇宙服をまとった死体。彼は5万年前に死亡していたという事実。

原子物理学者や言語学者の叡智を集結させて、この謎を紐解いていく物語です。一つの謎を解決すると次の謎が生まれてくることにワクワクが止まりません。

高校生くらいのときに読んでいたら研究職を目指していたのではと思うくらい、僕史上最高のSF小説です。 

1.砂漠/伊坂幸太郎

村上春樹とか村上龍とか、難しい本も面白いんですが、やっぱりエンタメ要素の強い伊坂幸太郎作品は万人におすすめできる素晴らしい小説です。

その中でも砂漠は、本がそんなに得意じゃない人にこれまで僕が勧めまくってきた本です。

描かれるのは麻雀や恋愛、友情などといった、普通の大学生活なんですが超個性的なキャラクターがいることで物語の幅がぐっと広がっています。

僕たちの周りにいた個性的な友達を思い浮かべながら読んでみるのもいいかもしれません。

ちなみに保健所の犬のエピソードが含まれていることも、僕が砂漠が好きな理由の一つです。

おわりに

今回は、僕が人に本当に貸ししたいと思う小説をランキング形式で紹介させていただきました。これらの本の全てが貸し出し可能です。

過去に紹介している本も貸し出し可能ですので、気になる本がありましたらお気軽にお声かけください!