読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クジラの歌

生物多様性の理解と動物福祉の向上を目指して。

シロクマと犬といった、異なる生き物同士の友情ってなんかいい。

動物関係

最近話題のこの動画をご存じでしょうか。

シロクマが犬の頭を撫でてかわいがる様子が撮影されています。


Polar bear petting dog

シロクマ(ホッキョクグマ)が犬に出会ってしまった場合、食べられてしまうのではないかと考えるのが普通だと思うのですが、このホッキョクグマはその選択はしなかったようです。

 

色々調べていると、シロクマと犬の友情はこれ以外の事例も観察されているようです。

下にあげた動画ではシロクマが犬に抱きついちゃっています。


Polar bears and dogs playing

しかも複数のシロクマと複数の犬でじゃれ合っているので、一頭の変わり者のシロクマと一匹の変わり者の犬がたまたま仲良くなっちゃったというような関係ではなくなってしまっています。これらの行動を理解するのは非常に難しいですが、こういうのを理解できたらものすごくエキサイティングだとおもいませんか?

 

異なる生物間の友情ってなぜこんなにも素晴らしく感じるのでしょうか。

 

こちらの動画ではライオンが子牛を他のライオンから守る様子が確認出来ます。

この行動の意味も正直言って動画を見るだけじゃわかりませんが、少なくとも子牛は守ってくれたライオンに非常になついているように見えます。


Lion saves a baby calf from another lion attack

 

ライオンとかシロクマとかって肉食動物で確かに恐ろしいです。殺傷能力も強いのでもちろん警戒すべき対象です。

でも、紹介させて頂いた動画のように優しい感情だって持ち合わせています。危険な部分だけを見るんじゃなくて、彼らにもちゃんと優しい感情があることを知ってもらいたいです。

きっとこういった事例は私たちが知らないだけで自然界に溢れているんだと思います。

 

だから私が思うに、食物連鎖とか肉食動物とか捕食者と被捕食者の関係ということについて認識を新たにすべきタイミングなのかもしれません。

単純にお腹が減ったから殺して食べるとは少し違った現象が確認されているので。

こういうことを研究できたら本当に楽しいと思います。

 

これらの動画をきっかけに今まで以上に動物に興味を持ってくれる人が増えればいいなと思います。もし興味をもたれた方はご自身でも色々調べてみてください。youtubeだけでもたくさんの動物たちの愛情に満ちた行動を見ることが出来ます。

 

最後になりますが、日本人のカメラマンさんも犬とハグをするシロクマの写真撮影に成功していますので紹介させて頂きます。

HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)

HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)

 

2017年用のカレンダーもあります。このカレンダーを書店で発見したのですが、本当にかわいかったです。先に紹介したフォトブックと甲乙つけがたいです。

しろくまHUGカレンダー2017 壁掛け ([カレンダー])

しろくまHUGカレンダー2017 壁掛け ([カレンダー])

 

 また、カナダでは紫色の花に囲まれたシロクマを見ることもできるようです。

死ぬまでに見たい!絶景のシロクマ

死ぬまでに見たい!絶景のシロクマ