読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クジラの歌

生物多様性の理解と動物福祉の向上を目指して。

【感想】ズートピアはそれでも理想郷だった。

映画 動物関係

ズートピアをだいぶ前に観ました。

 

ただ、ネタばれをするのも好きじゃないので記事にはしていませんでした。

 

さすがに本当でネタばれを嫌う人はもう映画を観ていると思うので記事にしちゃいます。

ネタばれが嫌な人はブラウザバックをお願いします。

 

ズートピア。解説するまでもなく、Zoo(動物園)+Utopia(楽園/理想郷)の造語です。

 

私はこの映画が今のディズニーが考える動物たちとの共生の在り方。

すなわち、ディズニーが考える理想郷の姿が描かれていると期待していました。

実際、ディズニーと言えばピカチュウよりも先にネズミの地位を向上させることに成功した巨大企業であり、ディズニーランドはまさしく人にとっての楽園だからです。

 

しかしながら、結論から言うと私の期待は打ち負かされました。

 

なぜならば、ズートピアには動物間の種差別もあれば、犯罪もありました。

いじめもあれば、マフィアもいました。他人を傷つけることをなんとも思わない明確な悪もいました。

そんな世界が万人にとって理想郷のわけがありません。

 

だからこそ、理想郷の追及こそがこの映画のメインテーマとして成立し、理想郷の追求のための闘争こそが多くの人の共感を得るのでしょう。

 

実際、公式HPにも以下のように書かれています。

ここは、動物たちが人間のように暮らす“楽園”、ズートピア──誰もが夢を叶えられる、人間も顔負けの超ハイテク文明社会。
だが、あらゆる種類の動物たちが平和に共存するこの理想の大都会に、いま史上最大の危機が訪れていた──。

ディズニーが、動物たちの“楽園”を舞台に贈る感動のファンタジー・アドベンチャー。
ズートピア初のウサギの警察官のジュディが、夢を忘れたサギ師のキツネ、ニックを相棒に、大都会ズートピアに仕掛けられた恐るべき陰謀に挑む。
“夢を信じる力”とニックとの友情の絆を武器に、彼女は奇跡を起こすことができるのか…?

夢を信じて諦めずに進み続ければ、きっと世界は変わる。感動のファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』が、世界に希望の扉を開く。

 

ただ、逆説的ではありますが、進み続けることが宿命づけられている以上、この映画において理想郷への到達はあり得ません。

 

しかし、一度は期待を裏切られましたもののもののそれでも私にとってズートピアはかなり完成された理想郷に見えました。

 

その理由は、肉食動物と草食動物が共生できる世界だったからです。

 

そして、それが出来るのは肉食動物が肉食をやめたからです。

このことはこの映画において非常に重要な役割を占めています。

ただ、なぜ肉食をやめたのか、現存する肉食動物が何を主食としているのか、ということは説明されていませんでした。

正直ここめちゃくちゃ知りたかったです!

 

そんなこと説明していたらアニメのスピード感は無くなってしまう気がしますが。

 

ディズニーという人類の英知が考える、肉食をやめた理由のこじつけが知りたくないですか?

 

例えば、パンダが肉食をやめたのは、遺伝子の変化によって肉がまずいと感じるようになったからだという学説があります。

これをモチーフにしたこじつけでもよかったです。

caffeyne.hatenablog.com

あるいは、突拍子もないようなファンタジーでも良かったです。

急に全ての動物に友情が芽生えたとか。

 

裏設定でもなんでもいいから知りたかった!それが何かのターニングポイントになりえたのではと未だに思います。

まぁ、完成されたものに対してあれこれ言っても仕方ないのでこの話はここまで。

 

最後に共生ということに関してちょっとだけ。

人は多種族との共生という点に関して、まだまだ甘い部分が多いと思います。

恐らく個人レベルでもっとよりよい共生の在り方を考えていける場面が必ずあると思います。

 

この記事を書くにあたっていろんな方のブログを拝見しましたが、堅い考察をしている方のほとんどが『差別』という点を論じていたように感じます。

この映画を観た方が、ほんのちょっとでいいので現実世界における『種差別』にまで思いを馳せてくれたらいいなと思い筆をとりました。

 

いつか、ズートピアより現実世界の方が理想郷だと、胸をはれるような日が来ることを願って。

 

 

ジ・アート・オブ ズートピア: THE ART OF ZOOTOPIA (CHRONICLE BOOKS)

ジ・アート・オブ ズートピア: THE ART OF ZOOTOPIA (CHRONICLE BOOKS)