読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クジラの歌

生物多様性の理解と動物福祉の向上を目指して。

水族館ガールの原作とドラマを比較してみた!

動物関係 読書

まずは原作のレビューから。

動物園や水族館がどのような思いを抱えて運営しているか想像したことはありますか?

 

また、想像できますか?

 

この小説は正直に言って、ありふれたストーリー・展開・恋愛模様で構成されています。

 

それでも非常に魅力に溢れた本です。

 

その魅力の理由は、水族館に携わる個人個人の葛藤や、

飼育動物への接し方が丁寧に描かれてることです。

 

例えば、この小説はアクアパークという水族館がメインの舞台です。

アクアパークのイルカ飼育においては、イルカの名前はC1、X0などの名称(≒記号)をつけています。

また、ペンギンにも腕の認識タグの色から、赤銀、白茶などの名称(≒記号)をつけています。

その理由は愛着がわくような名前をつけることで飼育動物をペット誤認識してしまう可能性があり、その可能性を避けるためです。

 

もちろんその名称に関しても納得する登場人物と納得しない登場人物がいて、議論もなされますう。

 

ある登場人物の想いとしては、

水族館では野生に近い姿を見せたい。ペットを見せたいわけではない。」

一方、それに対立する考えの人は、

「アクアパークを身近な施設としたい。

お客様に楽しんでいただくために親しみやすい愛称をつけたい。」

 

こういう事例を筆頭にイルカショーの考え方や、魚類の展示がどのような目線でお客様に見られているのか。

そういったことが登場人物の熱い思いを通じて丁寧に描かれていきます。

 

また、もちろん水族(=水性生物)の生態についても面白おかしく描かれています。

この本を読めば絶対にこれまでとは違った目線で水族館を楽しめること間違いなしです。

 

こうやって書くと、堅い小説に思えるかも知れませんが、実際はそうではありません。

主人公の由香は非常にドジで失敗ばかりして、周りの人に助けられてばっかりですし、男性の作者が書いたとは思えないくらい恋愛要素も強いです。

イメージとしては有川浩さんの恋愛描写みたいだなーと思って読んでいました。

甘酸っぱい恋愛小説が好きな人も読んでみても間違いないと思います。

 

そしてドラマのレビュー。

ドラマ2話まで見ましたがここまででもかなり原作と違っているので、そのあたりも踏まえながらドラマを見た感想を書いてみたいと思います。

※ドラマ第2話までの内容にしか触れておりません。

 

疑問:ガールって何?

私の思うガールは、泥酔してラブホに宿泊しません。

 

私の思うガールはこのお方。

f:id:caffeyne:20160625230457p:plain

引用元blogs.yahoo.co.jp

 

ガールってラブホいかないですよね。泥酔して上司の悪口言わないですよね。

そもそもドラマの役どころでは、商社で働くガールです。

商社マンってガール感なくないですか?

 

ちなみに、原作では松岡茉優さん演じる由香は公務員として働いていました。

あくまで私の主観ですが商社マンよりも公務員の方がガール感ありませんか?

 

根拠がなさすぎる!

決め台詞「私はこの水族館を世界一の水族館にする!!!」

・・・いや、由香さん、あなたほとんど水族館の仕事してないじゃないすか。

ろくに指導もしてもらえず、ほとんどずっといじめられてるようなもんじゃないすか。

たしかに理屈じゃ説明できないこともあるだろうけど、さすがについていけませんよ。。。

 

ちなみにでも由香は熱血でしたけど、何かを声に出して宣言するタイプ熱血じゃなかった気がします。

 

イルカともっとコミュニケーションしてほしい!

 f:id:caffeyne:20160626000154j:plain

これが一番違うところで、一番難しいところだと思うんですけど。

原作ではドラマよりもイルカからのアプローチがもっとありました。

半人前な由香を慰めてくれたりとか。確かにまだドラマも始まったばっかりでそういう描写はこれからなのかも知れませんが、明らかにイルカとのコミュニケーションも少なければ、イルカからのアプローチも少ないです。

まぁそういう意味では原作はどうしてもファンタジーチックになってしまうのは仕方ないかなと思いますが、そういった原作を映像化したのですからこれからに期待して頑張ってほしいです!

 

ドラマってテンポが大切なんだと気づく!

ドラマでの第2話ではクラゲの生態あるあるを、魚類課のチーフが必死で話していました。

小説では私はこういう部分に特にわくわくしながら読んでいたんですが、ドラマにおいてはテンポが悪く感じられてしまうんですね。。。

演出のせいなのかなんなのかわかんないですけど、そのあたりはやっぱり原作を読んだ方がいいんだなと思いました。

こういうのを通じて生物多様性の面白さに触れてほしいのが本音なんですけど難しいですねー。

やっぱりこれらは勉強する意図をもって小説を読むほうがいいと感じました。

  

まとめ

原作の映像化ってやっぱり難しいんだなと思います。

ただ、それぞれの良さがあります。本だけ読んだって、実際のイルカを思い浮かべれなかったらこの作品の魅力は半減しますし。

初回の視聴率も6%といまいちな結果になってしまっている気もしますが、私のブログへの検索流入も増えているので、興味を持っている方も多いのでしょう。

是非そういった方々に水族館そのものや生き物に興味を持ってもらえるようなドラマにしてもらえればと思います!!!

 

水族館ガール (実業之日本社文庫)

水族館ガール (実業之日本社文庫)

 

 

また、ドラマ化の影響があってなのか、原作小説の3巻である『水族館ガール3』が6月30日に発売されました!

水族館ガール3

水族館ガール3

 

細かいレビューはいつか機会があれば別の記事にて行いますが、3巻では『動物の擬人化』をどう捉えるかという点に焦点が置かれて物語が進んでいきます。

人と動物のかかわりや動物の心についての叙述が多く述べられている辺り、ただのお仕事小説を脱したいという作者の想いが感じられる内容となっています。

こういう小説を機に動物のことを大切に思える人が増えてくれたら嬉しく思います。