animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

ブログを毎日更新する理由。そのモチベーション。

すごく個人的なことを書きます。

 

ブログを毎日更新中なんですよね。

 

ブログは毎日更新した方がいいとかそういうのに洗脳されたわけじゃないんですよ。そういう理屈とかは全く考えず、毎日ある目的を持って記事を書いています。

 

それは点を線にすること。そして、何者かになることです!

かっこつけずに言うと、毎日ブログを書いていれば何かを掴んで、それが僕を何者かにしてくれるんじゃないかという期待と、正体不明の焦燥感から毎日更新をはじめました。

 

今までは、好きなときにブログを書いて、アフィリエイトも何もかも気にせずにやっていましたが、そんなんで点が線になるわけないと気づかされたのも大きいです。

そう気づかせてくれたのは今バズりまくっている幻冬社の箕輪さんの話からです。

note.mu

 

だから、毎日ブログを更新することで線を作っていきます。

 

正直、毎日更新をやめる理由とか色々考えます。気楽じゃないし、社会人やってるとそこそこ忙しいし。

でも、そんな自分に喝を入れる方法があります。皆さんにもオススメの方法です。

 

それは、ホリエモンとか箕輪さんとか僕より絶対に忙しいのに、毎日欠かさずアウトプットしているんだから僕にできないわけがないということです。

 

この考え方最高だと思うんですがどうでしょう!?

仕事にも使えますよ。絶対にホリエモンより忙しくないのに、なんか残業しまくってる!やべえ!とか思うことで、何か生まれる気がします。少なくとも言い訳はなくなるし、彼らに一歩でも近づくような方法を探すように僕はなりました。

 

ただ、毎日更新でクオリティを保つのは難しい!だからそこは若干諦めています。

書き出すのも遅くて、『自分が書きたいこと』と『書けること』と『伝わるだろうこと』について、めちゃくちゃ悩んで結構時間がかかったりします。

でも、そんなふうに自分の頭の中から何かをひねり出す作業って僕今までしてこなかったんですよ。アーティストに憧れながら、そういう苦しさとは無縁でした。

 

アーティストの定義は苦しむこととさえ思っている僕なのに、気楽なブログで自分を表現できている気に成っていました。

これからも毎日更新はしんどいと思います。でも、苦悩しないと何者にもなれない。

『憂鬱でなければ、仕事じゃない!』という気持ちをブログ更新に持ちたいと思います。

 

憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫)

憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫)