animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

新東京都知事小池百合子さんの公約に動物の殺処分のゼロが謳われています。

f:id:caffeyne:20160907234906j:plain

 

まずは小池百合子さんの東京都知事選における公約を見てほしい。

f:id:caffeyne:20160907225000p:plain

 

正直、選挙時はこのことをしらず、最近twitterで知りました。

東京都知事に就任した小池百合子氏が東京都知事選を争っていた際に動物の殺処分ゼロを公約に入れていました。 

これから注目していきたいと思います。

小池百合子さんの言葉が真実であると見極めるために。

 

これまで東京都以外で殺処分を尋常ならざる努力で回避してきた行政はあります。

このブログで何度も紹介させて頂いた熊本市や広島県、岡山県、それに神奈川県等の行政は廃止に向けて非常に頑張ってくださっています。

 

どこであろうと命の重みに違いは無いですが、でも、日本において東京という都市はやはりインパクトが大きいです。

東京都がフラッグシップを取って、日本における殺処分のゼロをどうかかなえてほしいと思います。

 

どのように殺処分ゼロを目指していくかという点については下に紹介するニュースで少し見ることが出来ます。一部引用します。

小池百合子知事は「(殺処分ゼロに向けて)税金を投入する方法もあるが、人間教育から始めるのがいちばんだ。動物を慈しむ気持ちを、子どもの頃から育てることに力を置いた方がいい」と述べられたそうです。

個人的には教育に頼っていられるほど悠長な問題ではないような気もしていますので、教育と並行して具体的な施策を進めていって頂きたいと思います。

効果があるならばどんなことでも行いたいのが私のスタンスですが、大人が作ったこのクソみたいな仕組みを次の世代の子どもたちに背負わせることにもあまり賛成ではないので。

www.nikkansports.com

 

話を東京都知事のことに戻します。

私事ではありますが、5月に舛添前都知事に対する批判めいたツイートを書きました。

 この直後のツイートはこちら。

このツイートのあと、良くも悪くも舛添さんが辞任して、次に都知事に就任された方が動物の殺処分ゼロを公約してくださいました。

 

東京都知事の動物の殺処分ゼロ公約です。

現実味がなくて正直願ったこともなかったのが事実です。

でも、現に小池百合子さんが公約してくださいました。

 

だから私は何があっても小池百合子さんを支持します。

たとえ小池百合子さんが汚職にまみれようともお金に汚くとも。殺処分ゼロさえかなえてくれれば何でもいいです。

 

ただ、都民でもない私が小池百合子さんをどうやって支持するかって少しイメージがわかないのが事実です。

誰でもできる『東京都知事の指示の仕方』みたいなのがあれば是非教えてほしいです。

今のところできるなって思っているのは、芸が無いですがブログ等を通じて広く世間の人に知っていただくことだと思っています。

 

なので、どんな形でもいいです。

もしこのブログを呼んで頂いた方の中に小池百合子さんの公約に共感を感じた方は、彼女の公約を一人でも多くの人に伝えて頂ければと思います。

最近書くブログは皆さまにお願いすることばっかりで、自身のブログの形に疑問を感じることも少なからずありますが、今の私にはこの程度しかできることがありません。

 

でも、悲観的になることなく自分のできることをやるしかないんです。

面白いとか為になるとかとはかけ離れたブログだとは思いますが、伝えたいことはこれらなんです。

懲りもせずこれらを続けていきます。

改めてよろしくお願いします!

 

2016年11月追記

小池百合子さんと塾講師林修さんの対談を読みました。

ぼんやりとですが、小池百合子さんが何を考えているのかわかったような気がします。

そういったことを書いたので気になった方はこちらも合わせてお読みください。

caffeyne.hatenablog.com