読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クジラの歌

生物多様性の理解と動物福祉の向上を目指して。

無知と貧困の関係性を瀧本哲史の著作『君に友達はいらない』から考える。

読書

瀧本哲史さんの君に友達はいらないを読み終えた。

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

 

 

本書は素晴らしい。

就職前の学生や若いビジネスマンに是非読んでいただきたい。

 

が、どうも私には本の全体を捉えてそれを魅力的に紹介するような能力がまだ不足していると思う。そもそも、推敲に次ぐ推敲、編集者によるチェック、校正・校閲が繰り返された作品について数回読んだだけで捉えきること自体不可能な作業であり、そもそも私自身そのような読書を目指していない。

全体の流れを感じながら気になるフレーズや新しい概念に身をゆだねることができるだけで大満足である。

 

f:id:caffeyne:20170313221612j:plain

 

だから、今回は本書の全容を捉えるような紹介はせずに、私の心に残った言葉とそこから感じたことを紹介したい。

 

まずは心に残った言葉を紹介する。それは永山則夫という死刑囚が獄中で述懐した以下の言葉である。

「事件がおきたのは自分が無知だったからだ。無知なのは貧乏だったからだ。」

 

永山について簡単に紹介すると、1965年永山は集団就職して上野駅に降り立った。永山少年は父母に捨てられ食べ物にも不自由した故郷で犯した、たった一度の非行歴の発覚に怯えて職を転々とし都会の孤独と貧困の底で喘ぐ。その後、彼は4人のタクシードライバーをピストルで射殺し、死刑囚となった。

永山は死刑執行までの獄中でマルクス等を含む様々な書物に触れ、文章を書くことで自分を見つめるすべを見出したとされており、実際に小説や手記等が出版されている。

出版された書籍の印税は遺族に渡したいと述べていたそうだ。(すみませんこれが実際に遺族の方に渡されたのかは私は調べれていません。)

 

この一連の事件および永山の言葉を紹介した後に、瀧本哲史はこう締めくくる。

貧困こそが人間から人間性を奪い、人を不幸にする最大の原因となるのだ。

 

一人の死刑囚の言葉にどれだけ真摯に向き合う必要があるのか、このことは良く考えなくてはならないはずだが、私はこの言葉を発した人間がどのような人であれ、無知なのは貧乏だったからだという言葉には一定の真理が含まれていると感じた。

 

だからこれを受けて私が考えていきたいと思ったことが二つある。

一つは貧困について考えること。これほどまでに科学技術が発達して国が豊かになっているのに、貧困はどこから生まれるのか。このことについて考えていきたい。

もう一つは、現代における無知と貧困の関係性を知りたい。永山が生きた時代と現代は全く異なっているはずだ。例えば、現在ではスマホ一つさえあれば何だって調べることが出来る。図書館だって様々な自治体にある。書籍の中にはハーバード大学の授業と称するものも複数出版されている。

この環境における無知は何が生み出すのか知りたい。

 

無知について考えるためにこの本は読みたいと考えている。

無知の涙 (河出文庫―BUNGEI Collection)

無知の涙 (河出文庫―BUNGEI Collection)

 

 

君に友達はいらないという本を別の角度から紹介している。こちらもこの本の脇道の部分の紹介になっているが、興味のある方は是非読んでみて欲しい。

caffeyne.hatenablog.com