animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

ライブ中に突然声が出なくなった米津玄師がベストアクトだった。

ライブ中に突然声が出なくなったアーティストを観たことがありますか?

 

そのトラブルを愛情をもって見守るファンの空気を感じたことがありますか?

 

私は2016年のライブで突然声が出なくなった米津玄師を目の当たりにし、そして神秘的とも言えるほどの空気に触れることができました。

 

米津玄師にとって重要な何かになったことは間違いないはずなので、全てのファンのために起きたことを書いていきます。

 

目次

 

米津玄師とは

超有名になってしまって今更ですが、紹介します。

ハチ / 米津 玄師
HACHI / Kenshi Yonezu

作詞 作曲 絵
1991年3月10日生まれ。
徳島県出身。

2009年より、”ハチ”名義でニコニコ動画へオリジナル曲を投稿し始め、「マトリョシカ」「パンダヒーロー」「結ンデ開イテ羅刹ト骸」等の作品を発表。VOCALOIDシーンの中で、中毒性のあるロックサウンドで存在感を切り開いていき、日本だけでなく世界からも注目されるという、群を抜いた実績を誇る。また、イラストと映像も自身で手掛けている。(公式HPより)

実際、私もニコニコ動画の中でハチ名義の音楽を先に知って、最近その人が米津玄師であることを知った一人です。

 

・ハチ名義のボーカロイド作品『マトリョシカ』

ニコニコ動画で800万再生を達成しています。(2016年8月)


ハチ MV「マトリョシカ」HACHI / MATORYOSHKA

 

・米津玄師名義の作品『アイネクライネ』

YOUTUBEで2400万回以上再生されています。(2016年8月)


米津玄師 MV「アイネクライネ」

作詞も作曲もPVの絵も全て本人が作っています。

非常に温かいラブソングで、私が2016年最も聴いた曲の一つです。是非聴いてみてください。

 

ラブシャ2016で米津玄師に何があったか。

異変があったのは4曲目。

アイネクライネを歌っていたときでした。

 

曲の途中で米津玄師の声が完全に出なくなりました。

なんとか振り絞って出す声も音程が全く合わない。ちょっと音程が外れるとかそういうレベルじゃありませんでした。

演奏が続くなか、音程が外れる、歌うことを中断する、再度歌うも音程が外れるということを繰り返していました。

その時の米津玄師は状況が理解できていなさそうで、無念そうでもありました。

 

ただ、そんな中素晴らしかったのは見守るファンの温かさです。

「米津玄師が声を出せないなら自分たちが代わりに歌おう。少しでも支えよう。」そんな気持ちから、みんな声を振り絞ってアイネクライネを歌っていました。

涙を流しながら歌う人もたくさんいました

 

結局、このライブでは最後まできちんと声は出ませんでしたが、僕にとってこれまでのライブで最も記憶に残る感動的なライブでした。

 

私のように感じた方は他にもおられたので、twitterから紹介します。

 

本人のツイートも掲載させていただきます。

 

ラブシャ2016年米津玄師セトリ

01. アンビリーバーズ

02. ゴーゴー幽霊船

03. メランコリーキッチン

04. アイネクライネ

05. LOSER

06. パンダヒーロー

07. ドーナツホール

 

ライブとは何のために参加する場所か

アイネクライネをなんとか歌い終わった後、米津さんは言っていました。

『こんなに声が出なくなったのは初めて。歌ってくれてありがとう。生まれてきて良かった。』

これまでいくつもライブに参戦してきましたが、アーティストにこんなこと言ってもらえたのは初めてでした。それで気付きました。

私を含め、あの場にいて米津玄師のために歌った人たちは、決して上手い音楽を聴くためだけにライブに来ているんじゃありませんでした。

 

ライブに行く理由は、ライブ会場という熱量のこもった空間を大切にしたいという思いとか、アーティストに対する恩返しとかそういうものが多分に含まれているのでしょう。

それを教えてもらえたライブでした。

 

最後にアイネクライネの歌詞を。

 

消えない悲しみも綻びもあなたといれば

それでよかったねと笑えるのがどんなに嬉しいか

目の前の全てがぼやけては溶けていくような

奇跡であふれて足りないや