満月なのでご紹介します。

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

メンタリストDaiGoの『自分を操る超集中力』を読んで僕が毎日実践しているたった2つのこと!

私がメンタリストDaiGoの本にはまったのはこの本がきっかけです。そして一番好きな本でもあります。

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

 

仕事で納期ギリギリの仕事があるにもかかわらず集中力が切れたことはありませんか?

試合中にあの時集中していればと後悔したことはありませんか?

他方で、圧倒的な集中力を見せて勉強が捗った経験はないでしょうか?その時の時間が圧縮されたような感覚を感じたことはないでしょうか?

 

集中力というのはこのように、私たちの生活の大切な場面に大きく影響している要素です。『そんなこと今更言われなくても知ってるよ』という人も多いはずです。

その通りです。

では、あなたは集中力のメカニズムを知っていますか?集中力を奪ってしまう食べ物を知っていますか?

 

実は私たちは集中力が持っているパワーについては詳しくても、集中力に関するメカニズムについてはほとんど知りません。そして常に高いレベルの集中力をキープすることがどれだけ素晴らしいことなのかということも同じく知らないでしょう。

 

これを一から勉強するのは結構めんどくさいのですが、簡潔に教えてくれる本があります。それが今回紹介する、メンタリストDaiGoが書いた『自分を操る超集中力』です。

この本は、DaiGo自身が書いているのですが、DaiGoが集中力について勉強してきたことをまとめた一冊であり、集中力についてほとんど知らない人でも、集中力に関する知識を一通り得られるものとなっています。

 

今回はその中でも私が毎日実践していることを紹介したいと思います。

 

1.低GI食品を食べる

集中力が切れるひとつの理由として、血糖値の乱高下があります。基本的には血糖値は食事をすることで上昇し、時間が経つにつれて減少していきます。

糖質ダイエットとかが流行っているのでご存知の人も多いと思いますが、ご飯や小麦粉などは高GI食品であり、血糖値を急激に上昇させ、その後血糖値を急激に減少させます。まさに血糖値の乱高下が起きその結果集中力が下がる傾向にあります。

こうならないのが低GI食品です。GIについて興味のある人はこちらのサイトをご参照ください。

そもそもGIって何?|大塚製薬

 

これに対して、低GI食品とは、血糖値が緩やかに上昇したのちに緩やかに下がるものです。これにより血糖値の乱高下が起きずに集中力を切らせにくくなります。

基本的には未精製の穀物類がこれに当たることが多いです。

私の一番オススメの低GI食品は塩分ゼロのミックスナッツです!

今までかなりミックスナッツを食べてきましたが、この紹介しているミックスナッツが比較的安価で美味しいです。

 

ミックスナッツであればひとつまみをタッパーに入れて職場に持っていくだけなので、非常に簡単です。集中量を保つためにという理由でお菓子をバリバリ食べる人がいますが、あれば集中力のことをあまり知らない人のやり方でいい方法ではありません。

 

また、ミックスナッツを食べるタイミングとしては、血糖値が下がってきだした食後2時間経ったくらいとのことです。私も毎日3時くらいにミックスナッツを食べています。

 

ちなみに、『毎日ミックスナッツを食べると太るんじゃないの?』と気にされる人もおられると思いますが、ミックスナッツを食べた方が逆に痩せるという報告が私の母親からありました。※DaiGoの言葉ではありません。が、なんとなくその言葉を信じてみてもいいのかなと思います。あの筋トレ本のマッチョの社長も、毎日アーモンドを食えと言っていたので。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 

2.日光を浴びて起きる

目覚まし時計。ダメ。絶対。

 

音、というのは危険のシグナルになる場合が多いです。猛獣の唸り声とか、走ってくる音が聞こえたら、とりあえず頭空っぽにして逃げようという思考になります。

そこに集中力の介在する余地なんてありません。

(頭空っぽの方が夢詰め込めるとドラゴンボールのOPで学んだのですが、集中力的にはダメでした。夢か集中力か、難しい問題ですね。)

CHA-LA HEAD-CHA-LA(2005 ver.)

CHA-LA HEAD-CHA-LA(2005 ver.)

  • アーティスト: 影山 ヒロノブ
  • 出版社/メーカー: 株式会社ティームエンタテインメント
  • 発売日: 2012/06/07
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

私たちのほとんどは目覚まし時計の音で起きていると思います。そのことが思考能力や集中力を奪っているとも知らずにです。

目覚まし時計で起きると朝ボーッとしちゃうじゃないですか、それは上述した理由からだったんです。

 

じゃあ、『どうすればいいの?寝坊すればいいの?』とおっしゃる方もいるかもしれません。2ちゃんの創始者のひろゆき氏は寝坊すればいいといいますが、普通の組織に所属している人はそうはいきません。

 

音じゃない方法で起きれば良いのです。

 

これからは光で起きましょう。光で起きるのは太古より動物が実施してきたことなので、非常に本能に近い形で目を覚ますことができます。

 

私の超オススメの商品はこちらです。

 

カーテンレールに設置し、bluetoothに接続するだけでカーテンを自動で開閉してくれます。そしてそれが4000円くらいで安いです。ちなみにDaiGoが本の中で紹介している照明は2万円くらいして、手が出せませんでした。

 

4000円でゲットできる日光で起きる生活はいかがでしょうか?すごく気持ちいいい朝を迎えられますよ!

 

まとめ

この記事を書いた一つの理由は、集中力のメカニズムを知ることで、毎日仕事を早く終わらすことができたという嬉しい気持ちがありそれを共有したいと思ったからです。

そして余った時間を自分たちのものに取り返していきたいと思っています。日本全体で労働時間を削減すること、真面目な話ですがこれが今の日本に必要なことだと思っています。

caffeyne.hatenablog.com

 

今回紹介した『自分を操る超集中力』はそんな日本に近づけるような一冊だと思います。文章も非常にわかりやすいので、気軽に手に取ってみてもらえればと思います。

本書にはもっともっとたくさんの集中力に関することが紹介されていますので!

 

一本集中!!

 

関連書籍

図解も出たようです。 すべてが手に入る。とか書いちゃってます。なにもそこまで望んではいないと思うんですが。笑

【メンタリストDaiGo オリジナルのダウンロード特典あり】図解 自分を操る超集中力

【メンタリストDaiGo オリジナルのダウンロード特典あり】図解 自分を操る超集中力