animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

象牙のハンコだけは買わないでほしい。

絶対に買わないと決めているものがある。

 

象牙のハンコだ。

これだけは絶対に買わない。

 

しかしながら途上国では象牙は非常に高額な値段で売買されている。

そしてその主要な取引先が日本だ。

 

だから私は私たちが象牙のハンコを買うことをやめることで象牙の取引を縮小させ、将来的には象牙の取引を無くしたいと考えている。

理由は以下の通りだ。

 

象牙のための殺戮

象牙を獲得するため殺される象がいるからだ。

というか、ほとんどの象牙は殺された象なんじゃないかと思ってもいいかもしれない。

 

例えば、2012年にカメルーンで起きた事件では、密猟組織は自動小銃や携帯式ロケット弾で武装し、軍事作戦のような正確さで、象を惨殺していったとのことだ。

このような殺害方法で毎年数万頭もの象が殺害されているとのこと。

このサイトに詳しく書かれている。

www.wwf.or.jp

 こんな殺戮が許されてよい訳がない。

 

象は群れで生活をし、感情も知性も豊かなことが知られている。

そんな象を密猟する人が後を絶たない。その密猟を支援しているのが私たち日本人だとしたらあなたはどう思いますか?

 

日本の近隣諸国と日本の動き

西洋諸国だけでなく中国や香港も象牙の取引の縮小に向けて進んでいる。

www.huffingtonpost.jp

 

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

私たちもそれに習うべきだと思う。

 

しかし残念ながら、日本は象牙の取引が非常に多い。

ヤフオクなんかでも象牙のハンコが多数出品されている。

世界的に見て異常だ。なぜならば象牙の国際取引は既に禁止されているので。

日本の象牙取引の違法性はこちらの記事がわかりやすい。

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

一部、引用して紹介します。

1. 日本の象牙取引規制制度には大きな抜け穴がある。

 象牙を所有するには、合法的に入手したという証明のための登録が義務付けられている。1999年か2009年に一時輸入された物か、ワシントン条約による取引禁止以前の物であれば違法ではない。しかしその証明は、禁止以前の輸入だと示す税関の申告書のような正規の法的な書類以外にも、日本の輸入業者が「合法的に入手した」と自分で明言した書面でも差し支えない。「つまり、象牙の登録で利益を得る立場の者が、合法性を証明する主要な証人でもあることを意味する」と報告書は指摘する。当然のことながら、この制度は至る所で悪用されている。報告書は、出所の「疑わしい」つまり「合法的な入手または出所だという確実な証明が少しもない」象牙が、2011年以降1000本以上登録され、合法のお墨付きを得ていると指摘している。

national geographic記事より引用

 

 

最後に

象牙のハンコは幸運をもたらす等と言われているが、象を殺して得る幸運なんて私はいらない。

むしろ、動物たちを思い保護していくことの方が自身の人生をより豊かで美しいものに変えていくと思う。

 

どうか多くの人が象牙のことを知ることで、象牙のハンコを買わなくなることを願います。

それがゾウたちを救う一歩になるはずであり、私たち日本人こそが早急に行っていく必要があることだと思います。