animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

頭がいい人/勉強している人の読書量は月〇〇〇冊!!DaiGo/佐藤優/立花隆の読書量を知っていますか?

私は頭のいい人、その中でも特に勉強している人が好きです。

そのために私は、私が思う頭がいい人たちの本をたくさん読んできました。

 

そこで気がついたのは圧倒的な読書量という彼らの共通点でした。

本を使って普通のサラリーマンの何倍ものインプットしている。そしてその多く場合、アウトプットまでできている。

 

そんな人になりたい、近づきたいと思いませんか?

 

今回は私が尊敬している人を紹介しながら、彼らの読書量の凄さに触れていきたいと思います。

 

 

1.メンタリスト DaiGO

「メンタリスト daigo」の画像検索結果

少し前まではフォーク曲げなんかのパフォーマンスでよくテレビで見かけたと思います。ただ、ほとんどの人にとって最近は目にする機会は減っていたのではないでしょうか。

 

でも、読書をする人であれば、むしろ最近の方がDaiGoのことを見かけたとはずです。なぜならDaiGoは現在多数の本を出版しているからです。

そのDaiGoの著書を一冊でも読みさえすれば、彼がどれほど勉強しているのかを感じることができます。なぜなら彼の著作には多数の心理学の研究結果が紹介されているからです。

 

DaiGoの一日平均読書量は10冊、月換算すると300冊です。

サラリーマンの月の平均読書量である2.5冊と比較するとやはり圧倒的な読書量です。

 

読書については以下のように述べています。

私は無類の本好きです。暇さえあれば、本を読んでいます。iPadで本を読みながら歩いていたせいで、電信柱に激突したこともあります。一日平均10冊の本を読みますが、もし私の『メンタリズム』にタネがあるとするなら、その読書で得た知識こそがタネ、だといえるでしょう。

(メンタリスト DaiGo著:一瞬でYESを引き出す心理戦略)

 

DaiGoの人生の目標は『自身の知識の最大化』、また『自分の図書館を持つこと』だと公言しています。

自分の図書館の中で、死ぬまで読書しながら知識を大きくしていきたい述べていました。

 

メンタリズムというと胡散臭く聞こえるかも知れませんが、それは決して超能力ではなく研究によって発達した学問です。

本の全てが、彼自身が勉強・実践してきた心理学やメンタリズムに基づいているので、同じジャンルの本でも切り口が異なって面白いのが私がDaiGoの本が好きなところです。

 

2.作家・元外務省主任分析官 佐藤優

「佐藤優」の画像検索結果

月平均300冊、多い月は500冊以上。

 

佐藤優に関しては、まずはその著書の中で述べている読書の考え方を紹介します。

現在52歳の筆者(佐藤優)は、そろそろ人生の残り時間が気になり始めている。どんなに努力しても、知りたい事の大部分について、諦めなくてはならない。しかし、そう簡単にあきらめたくない。そのときに役に立つのが読書だ。他人の経験、知的努力を、読書によって自分のものにするのだ。

(佐藤優著:読書の技法)

本書で繰り返し強調するように、読書の要諦は、この基礎知識をいかに身につけるかにある。基礎知識は熟読によってしか身につけることはできない。しかし、熟読できる本の数は限られている。そのため、熟読する本を絞り込む、時間を確保するための本の精査として、速読が必要になるのである。

(佐藤優著:読書の技法)

 

佐藤優の本を一冊でも読めばその知識の豊富さと深遠さに驚くこと間違いありません。

そしてその知識の源泉は読書であると公言しています。

 

 

知的野蛮人になるための本棚という本では、どの本を読めば知的に野蛮になれるのかということについて言及されています。

この本の前書きで紹介されているのが『立花隆の書棚』です。

知について知りたければ立花隆は外せないと言っています。

 

次はその立花隆を紹介します。 

 

3.知の巨人 立花隆

「立花隆」の画像検索結果

 

佐藤優が紹介している人。

テレビで見たことのある人も多いのではないでしょうか。

 

正直この人がどれだけ本を読んできたのか皆目見当がつきません。

実際、立花隆の書棚という本も買って読みました。写真は下の通りで、とんでもなく分厚い本です。

一番左の知的野蛮人になるための本棚だって300ページある本です。

f:id:caffeyne:20170423151245p:plain

 

そして下の写真は立花隆の書棚で紹介されている書棚の一部分です。

f:id:caffeyne:20170423151514p:plain

 

立花隆の書棚という本は勉強や本が好きな人には必読の本です。

なぜならこの本を読めば、普通に生きているだけでは触れることすらできない、広範囲に渡る圧倒的な知に触れることができるからです。

 

そして立花隆の凄みは、これだけの本を読んできたにも関わらず、一冊一冊の要点を捉えて説明できるところです。

たまにこの本はダメだって著者を名指しで批判する場面もあるのですが、ダメな本まで覚えているということなので全く理解不能です。

 

本の帯には、『知の巨人』と書かれています。この人の知の深さを表現する方法がわからなかったのでしょう。

この本を読めば読むほど、立花隆が遠く感じます。

 

それでも、知というものに興味があるのならば立花隆の書棚という本だけは読んでおくべきです。

佐藤優がまず立花隆の書棚を読めというのも納得するはずです。

 

まとめ

今まで想像してきたような読書量ではなかったと思います。

ですが、圧倒的な知というものはこのような読書から生まれています。

 

幸運なことに現代において、読書は私たち日本人のほとんど全てがアクセスできるものになっているので、彼らに少しでも近づきたいならば、私たちが読書をしない理由はないのではないでしょうか?

その一冊目が立花隆の本棚なら、素晴らしいスタートになること間違いありません。

 

過去記事紹介

続編っぽい記事も書きました。

頭がいい人・知識人の効果的な読書の方法・本の買い方をまとめてみた - animal reading