読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クジラの歌

生物多様性の理解と動物福祉の向上を目指して。

なぜ生物は絶滅してはダメなのか。今、地球は6度目の大絶滅を迎えているということを知っていますか?

ふと思いました。

なぜ動物は絶滅してはダメなのか。

 

その明確な答えを自分の中に持っていないことにも気付きました。

なので世間でよく言われることを鑑みながら考えていきたいと思います。

 

①一つの種が絶滅すれば生態系に計り知れない影響を及ぼすということ

これよく言われますよね。

ただ、それってその種の数が多い場合の話で、その種の絶対数が少なすぎる場合とか野生では絶滅してしまった場合には適応できないと思っていました。

でも勉強すればそれに対する反例はありました。

キーストーン種という概念です。

キーストーン種(きーすとーんしゅ、英: Keystone species)または中枢(ちゅうすうしゅ)とは、生態系において比較的少ない生物量でありながらも、生態系へ大きな影響を与える生物を指す生態学用語。(wikipediaより)

 ラッコがそうらしくて、数は多くないけどラッコがウニを食べることで北太平洋沿岸の生態系をキープしていたらしい。

 

でも、これも生物が絶滅してはいけない理由にはならない。

キーストーン種を拠り所にするならば、キーストーン種になれなかった動物は絶滅しても良いことになってしまう。

 

②ヒトに有用だから

進化の系譜をヒトがたどり直すことが出来ないから、一度絶滅してしまえばもう二度とその種には会えなくなる。

もし、その種が既知あるいは未知の病に対する有用物質を持っていたとすれば、その種を失うことはヒトにとって計り知れない損害になる。

 

こういう考え方も良く聞きます。

これってまさに『動物の解放』を書いたピーターシンガーが叫ぶ、ヒト以外の種の権利を全く考えない種差別というやつだと思います。

他の種をヒトのための道具としか考えないような考え方が。

動物の解放 改訂版

動物の解放 改訂版

 

 

この考え方がさらに進むと、

象牙のハンコのために象を絶滅から守る。(象牙のためには殺しながら)

酔い止めになるとされているクマの胆汁のためにクマを絶滅から守る。(胆汁のためには殺しながら)

毛皮のためにキツネを絶滅から守る。(毛皮のためには殺しながら)

 

極端かもしれませんが、私にはこういう考え方に聞こえてしまいます。

 

植物や、苦しみを感じないであろう微生物などに対しては有用だからという考え方もあってもよいと思います。

でも、ヒトと同じ動物たちに対して『有用だから』という考え方で絶滅から守るというのはあまりに寂しいと思います。

 

現状の私の考え

こういうことを考えていると、なぜ生物は絶滅してはダメなのか。なぜ他種を絶滅から守ろうとする人がいるのか。

そう聞かれると私は多分悲しいからとしか答えることが出来ないと思います。

 

でも、それって説明になっているのかどうか。

もう少し理解を進めていく必要があると思いました。

 

2016年11月7日追記。

色んな方にお言葉を頂いて、なんとなく一つの答えが見えてきました。

それは、『生物が絶滅してはいけない理由は、その他の生命に有用である可能性があるから』です。

ヒトに有用と考えていたから考えが複雑になっていました。

 

例えば、絶滅しかかっているある植物がヒトには有用じゃなくても、イヌの病気に有用であれば絶滅させてはいけません。

野生の象の糞がその他の動物の病気を治すのであれば、象は絶滅してはいけないはずです。

こじつけかもしれませんが、私はこうやって自分を納得させることにしました。

 

実際に、2015年にノーベル生理学医学賞を受賞した大村智教授がある生物の成分がヒト以外の他の生物に有用であるという研究実績を残されています。

大村 智 博士と米国メルク社に在職していたウィリアム・キャンベル博士は、土壌から分離された微生物(放線菌:Streptomyces avermitilis  現在の学名:Streptomyces avermectinius )から、寄生虫(線虫類など)に有効な16員環マクロライド化合物を発見し、エバーメクチン(Avermectin)と命名しました。 

エバーメクチンは、1981年から動物薬として販売され、ウシ、ヒツジ、ブタ、イヌなどの獣医学領域で寄生虫駆除に用いられています。 この薬剤の効果は、例えば日本におけるイヌのフィラリア症(犬糸状虫症)の場合、フィラリアの予防と駆除に著効を示し、使用前の時代と現在では犬の寿命が2倍以上に延びました。(北里大学HPより引用)

 

この研究も放線菌が絶滅していたら為し得なかった研究です。

こういうことがあるから種は絶滅してはいけない。

今はこう思うようになりました。

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

 

 

今、地球では6度目の大絶滅を迎えているといわれている。

natgeo.nikkeibp.co.jp

この5億年間で、地球上の生命は「5大絶滅」と呼ばれる、5度の大量絶滅を経験した。気候変動、氷河期、火山の噴火。そして、6500万年前にメキシコ湾に落下し恐竜をはじめとする多くの生物を絶滅させた隕石――絶滅のきっかけとなった原因はさまざまだ。そして、今、私たちは6度目の大量絶滅に直面しているかもしれない。(記事より引用)

現在のペースのまま絶滅が進めば今後数百年間で動物種の4分の3が絶滅するとの研究が発表されたとことです。

そして、今回の絶滅はヒトが引き起こしているものだとも。

 

こんなに悲しいことはないと思います。

ヒトが引き起こしているならば、人が解決できることもあります。

 

今を生きるヒトは、もっと絶滅ということに対して真摯に考える必要があるのではないかと思いました。

 

人類が大量絶滅を生き延びたとしても、多くの生物種が失われた世界で生きていきたいですか? あるいは、私たちの子孫が、そうした世界で暮らしてほしいと思いますか?(記事より引用)

 

私はそんな世界は絶対にいやです! 

 

 

追記

また、先日までは、なぜ種が絶滅してはいけないのかということに対して、『悲しいから』以外の理由を見つけられずにいました。

でも、ブックマークコメント等で意見をお聞きする中でいろいろ考えていると一つの新しい考えが私の中で生まれてきました。

 

ある生物は地球上の他の成員にとって有用たりえるのではないか

『生物が絶滅してはいけない理由は、その他の生命に有用である可能性があるから』です。

全ての資源はヒトだけじゃなく全ての地球上の成員に役立つと考えると頭がすっきりしました。

 

例えば、絶滅しかかっているある植物がヒトには有用じゃなくても、イヌの病気に有用であれば絶滅させてしまうことにリスクが生じると思います。

野生の象の糞がその他の動物の病気を治すのであれば、象は絶滅してはいけないはずです。

こじつけかもしれませんが、私はこうやって自分を納得させることができました。

 

参考文献

絶対に読むと決めている本。

6度目の大絶滅

6度目の大絶滅

 

 

関連記事

【絶滅危惧種×ポケモン】現実世界で絶滅の危機にあるポケモンのモデル動物を6種紹介します。 - クジラの歌

 

【TED紹介】ポケモンのスリープのモデルになったバクという動物が絶滅危惧種って知ってますか? - クジラの歌