animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

蚊と戦うために知っておきたいこと

蚊が発生する季節になりましたね。

 

O型の私にとって、蚊は天敵です。

(O型が刺されやすいというのも都市伝説的ではありますが。)

 

去年の夏に深夜2時ごろに蚊に叩き起こされて、

蚊取り線香をドンキホーテに買いに行ったことを思い出します。

 

今回は、

天敵退治の心強い味方とその化学物質の紹介をしたいと思います。

 

今回紹介する製品の全てにピレスロイド系という化学物質が使用されています。

 

 

なぜ、化学物質の紹介までするのかといいますと、

 

ピレスロイド系物質は人体に対して無害ではありません。

 

が、人は分解酵素を持ち合わせているので、

結果としてほぼ無害に使用できます。

 

一方で、分解酵素の有無や活性の強さには個人差があります。

(アルコール分解酵素が有名ですね。)

 

 

蚊取り線香で気分を害される方は、成分を調べて、

ご自身の体に合ったものを使用していただければと思います。

 

 

 

 

 

まずはこれ、

 

 

金鳥の渦巻 30巻 (缶) (防除用医薬部外品)

金鳥の渦巻 30巻 (缶) (防除用医薬部外品)

 

田んぼ仕事をしていたおじいちゃんを思い出します。

 

都会ではなかなか見なくなりましたね。

 

レスリンというピレスロイド系物質が使用されています。

 

 

 

 

次は、これら、

 

 

 水性タイプのよくみるタイプですね。

 

それぞれメーカーが異なるのですが、

どちらにもメトフルトリンというピレスロイド系物質が使用されています。

 

 

 

 

最後に、

 

虫コナーズ プレートタイプ 200日 1コ

虫コナーズ プレートタイプ 200日 1コ

 

 

蚊がいなくなるスプレー 200日 無香料 45mL (防除用医薬部外品)

蚊がいなくなるスプレー 200日 無香料 45mL (防除用医薬部外品)

 

 

かふぇいんが子どもの頃にはなかった商品ですね。

 

HPの紹介では、ピレスロイド系物質を使用とのみ記載されており、

具体的にどのような物質が使用されているのかはわかりませんでした。

 

 

 

さて、線香タイプのアレスリン

リキッドタイプのメトフルトリンの効果についてですが、

 

  • レスリンは、ハエ・蚊に特攻を示し、即効性がある。

 

  • メトフルトリンは揮散性がある程度高く、殺虫効果も優れている。

 

とのことです。

(キンチョーのHP http://www.kincho.co.jp/gaichu/column/piresroid.html より抜粋)

 

 

 

 

レスリンは簡単に分解できるけど、メトフルトリンはなかなか分解できない。

なんてこともありえないことではないと思います。

 

 

最初にも書きましたが、これらのなかでもご自身の体に合わせた、

ものを使用していただきたいと思います。