読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クジラの歌

生物多様性の理解と動物福祉の向上を目指して。

【感想/二十一世紀に生きる君たちへ】生涯ともにあり続ける本【司馬遼太郎】

読書

この本を読んで私の価値観は間違いなく変わりました。 

司馬遼太郎さんの二十一世紀に生きる君たちへという本です。

 

とにかくすごい本です。

一人でも多くの人にこの本を手に取っていただけるよう、司馬遼太郎の作品をほとんど読んだ私が紹介していきたいと思います。

 

司馬遼太郎が本を書く理由

司馬遼太郎さんは本を書く理由を以下のように述べられていました。

自身が太平洋戦争を経験したことから「なぜ日本人はこんなに狂ってしまったのか」という思いに至ったこと。

そして、幕末や戦国時代の美しかったであろう日本の英雄の「素晴らしさ」を広く知らしめたいという思い。

これらが数々の名作を世に送り出してきた司馬遼太郎の想いです。

このことが語られているインタビューは大阪にある司馬遼太郎記念館で常時放映されています。

司馬遼太郎記念館も本当に素敵なので、大阪を訪れた際には是非お立ち寄りください。

 

www.shibazaidan.or.jp

 

二十一世紀に生きる君たちへという本について

さて、二十一世紀を生きる君たちへという本は司馬遼太郎が65歳のときに書いたエッセイです。

しかもわずか20ページ程度の文章であり、小学六年生の教科書のために書かれた平易な文章です。

しかし、「長編小説を書くほどのエネルギーがいりました」と、司馬遼太郎は述べており、長く名文として非常に多くの人に愛されてきた文章です。

 

私自身本当に何度読んだかわかりません。

この本は二十一世紀に生きる私たちにとっての希望の書です。

綴られる言葉は温かく、そして司馬遼太郎自身の人生もこれから生きていく私たちの人生も光にあふれているのだと教えてくれます。

 

その中でも私が好きな部分だけ引用させて頂きます。

私には、幸い、この世にすばらしい友人がいる。

歴史の中にもいる。そこには、この世で求めがたいほどにすばらしい人たちがいて、私の日常を、はげましたり、なぐさめたりしてくれているのである。

だから、私は少なくとも二千年以上の時間の中を、生きているようなものだと思っている。この楽しさはーもし君たちさえそう望むならーおすそ分けしてあげたいほどである。

歴史の中に素晴らしい友人がいるという司馬遼太郎の感覚が大好きです。

私も司馬遼太郎の小説があったからこそ竜馬や松陰、石田光成などたくさんの友人が出来たと思っています。

書を捨てよ、街へ出よなんて言葉もありますが、書を通じてしか為し得ない友情もあります。

そのことを教えてくれる素晴らしい文章だと思います。

 

もう一つ好きな部分が以下の部分です。

さて、君たち自身のことである。

君たちは、いつの時代でもそうであったように、自己を確立せねばならない。

--自分にきびしく、相手にはやさしく。

という自己を。

そして、すなおでかしこい自己を。

人にやさしくするということはどのようなことかということを紙面の大部分を使って司馬遼太郎は述べていきますが、このくだりの最後は以下の通りです。

君たちさえ、そういう自己をつくっていけば、二十一世紀は人類が仲よしで暮らせる時代になるにちがいない。

戦争のない平和な世界を誰よりも望んだ作家のひとりなんだなと改めて思い知らされる一文です。

 

そして本書の最後は以下のように締めくくられます。

君たち。君たちはつねに晴れあがった空のように、たかだかとした心を持たねばならない。

同時に、ずっしりとたくましい足どりで、大地をふみしめつつ歩かねばならない。

私は、君たちの心の中の最も美しいものを見つづけながら、以上のことを書いた。

書き終わって、君たちの未来が、真夏の太陽のようにかがやいているように感じた。

司馬遼太郎が未来を見据えて書いたまさに希望の書です。

 

司馬遼太郎記念館限定品について

いかがでしたでしょうか。

上述した司馬遼太郎記念館には、二十一世紀に生きる君たちへの限定版が販売されています。

しかもそこには推敲に推敲を重ねた直筆原稿が収録されています。

この加筆、修正の跡を見ていると司馬さんの本気度が伺い知れます。

以下のその原稿の一部を写真で紹介します。

f:id:caffeyne:20170117230037p:plain

すごくないですか?

これを見れば「長編小説を書くほどのエネルギーがいりました」というのも大げさではないと思い知らされます。

繰り返しになりますが、司馬遼太郎ファンならば絶対に司馬遼太郎記念館は行った方がいいです。

そしてこの限定版を買った方がいいです。

 

まとめ

司馬遼太郎はこの本書の中で、自分は21世紀を生きられないとしています。

そのうえで、21世紀のことを『君たち』に託しています。

私はこの本をファンに向けて書いた遺書のようなものだと思っています。

そして、本書で何度も出てくる『君』は間違いなく本を読む『読者』なのだと思います。

 

私たちは司馬遼太郎の思う自己を確立した人間になれているでしょうか。

司馬遼太郎の思う21世紀を生きているでしょうか。

 

今一度自身の人生を見つめ直すいい機会になるはずです。 

是非ご一読ください。

きっと多くの人にとって生涯を通して側にあり続ける本になるはずです。

 

二十一世紀に生きる君たちへ (併載:洪庵のたいまつ)

二十一世紀に生きる君たちへ (併載:洪庵のたいまつ)