animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

【感想/鼓動】みなしご救助隊のことを知ってください。

11月1日は犬の日です。

 

ということで犬についての記事を書きます。

書かなくちゃと思いました。

 

 

犬と言えば今はこちらでしょうか。

www.inu-namae.com

今は田舎に住んでおりましてなかなか上映されている映画館そのものが無いのですが、

見に行かなきゃと思います。

 

 

なぜならば、私は今動物愛護というものに興味があります。

ちょうどこの映画に出ておられる愛護団体の一つの

みなしご救助隊様の『鼓動』という本を読了したところでした。

 

犬猫みなしご救援隊
広島県に本拠地を置き、栃木県に活動拠点を置く、獣医師を含む専門知識の豊富な行動力のある団体として「終生飼養」と「譲渡活動」を基盤に、伴侶動物の救援活動を行う団体。1990年、代表・中谷百里が個人で野良猫の保護活動を始め、2005年、犬猫みなしご救援隊としてNPO法人を取得し、2年後に、終生飼養ホームを建設。東日本大震災発生の4日後には被災地へ入り、福島原発20キロ圏内から犬猫ほか動物1400頭を救出。2013年から広島市動物管理センターに収容された猫全頭と譲渡対象外の犬全頭の引き出しを続行し、広島市の殺処分機の使用を廃止させ、広島市と協働して地域猫活動を行っている。また現在、広島と栃木の施設では、行き場のない犬猫あわせて1300頭の保護育成を行っている。

 

 

鼓動 ―感じて欲しい小さな命の重み。

鼓動 ―感じて欲しい小さな命の重み。

  • 作者: 犬猫みなしご救援隊,写真/金子二三夫
  • 出版社/メーカー: 書肆侃侃房
  • 発売日: 2012/03/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

このみなしご救助隊の代表の中谷さんという方、とんでもない人です。

みなしご救助隊の方々の福島原発事故で取り残された動物を

救助していく本です。

 

全編を通して意図的に愛護団体の方々の感情を抜きにして、

動物にスポットライトが当てられています。

 

ただ、冒頭に中谷さんの強い意志が書かれています。

 

阪神大震災や新潟中越沖地震ですぐに救助にいけなかった。

そこに救助を待つ犬や猫が取り残されていることは分かっていたのに。

それを思うと夜眠れなかった。

そして、東日本大震災は起きた。

私は、私が夜安眠できるように、今度こそ救助に行く。

 

上に書いたものは私の要約ですので、誤解が生じてしまったら申し訳ありません。

 

ただ、すごい人だと思います。

 

この本のことも言葉で表現するのはものすごく難しいというか、

出来ないと思います。

約150ページに渡って実際に福島で撮影された写真が豊富に

載っておりますので、興味をもたれた方は是非手に取ってみてください。

 

 

同時に今読んでいる本がもう一冊あります。

ゼロ! 熊本市動物愛護センター10年の闘い (集英社文庫)

ゼロ! 熊本市動物愛護センター10年の闘い (集英社文庫)

 

こちらも熊本市で犬猫の殺処分をゼロにするための闘いを描いた本になります。

目をそむけたくなるような描写もないことは無いですが、

九州弁で彩られるエピソードは心温まるものも多く、

動物愛護系の本にしては非常に読みやすいのではないかと思います。

 

 

人間中心のこの社会において、圧倒的弱者である動物たちを

守ろうとしてくれている人たちがいるということを皆様にも知っておいて

欲しかったので今日またブログを更新しました。

 

私もたかだか本を読んだだけですので、実態は全くわかっておりません。

保健所にも怖くて足を踏み入れたことがありません。

 

でも、目をそむけてはいけないことが多すぎると感じてきました。

 

せっかくの犬の日なのに暗い話でごめんなさい!

 

 

こんな記事が昔話になるように

 

自分がしたいこと。

自分にできること。

 

もっと真剣に考えていきたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。