満月なのでご紹介します。

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

日本が一気に動物愛護後進国から動物愛護先進国になる方法

日本は動物愛護後進国だと言われていることを知っていますか?

 

日本において捨て犬や捨て猫が最終的に連れて行かれる保健所は殺処分率が非常に高く、日本には犬や猫のアウシュビッツがあるとさえ言われています。

他にも産卵鶏のバタリーケージの使用率も非常に高く、言い出せばきりがありませんが、はっきり言って日本は動物愛護後進国です。

 

もちろん、こんな現状をおかしいと思う方はたくさんいます。多数のNPOが動物の殺処分0に向けて動いています。また、杉本彩さんや滝川クリステルさんらを代表とするような影響力の強い方も努力してくれています。

行政も(票集めのためかもしれませんが)、選挙の公約に動物の殺処分0を謳うことが増えてきたように思います。

今よくわからないことになっている、小池百合子さんも実は東京都の動物殺処分ゼロを謳っています。

 

動物の殺処分廃止。これは早急に進めていかなければならない社会問題です。ただ、それだと動物愛護先進国の西洋諸国(特にヨーロッパ)の後追いにしかなりません。

後追いが悪いことではないのですが、海外からの圧力でやらされている感が出てしまえば、日本人の動物愛護に対する気風が良い方になっていくのか疑問です。

 

私は日本が動物愛護超先進国になればいいと思っています。

日本発信の良い取り組みが日本にいる動物たちだけでなく、世界の動物たちのより良い環境を作り上げる。それくらいの気概を持ってやっていく方がいいんじゃないかと思います。

 

そこで、提案したいのが『動物園と水族館のような動物飼育施設の廃止』です。

 

現状、動物園を廃止するという宣言をした国がどれだけあるか知っていますか?

 

たった1カ国。コスタリカという中米の国です。

コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由 | TABI LABO

 

日本が世界で二番目の動物園の廃止を目指す国になれば、日本人の動物観も大きく変わると思います。動物愛護超先進国に近づくと思います。

 

私自身、気軽に動物たちに会いに行ける動物園や水族館は好きなのですが、そこで飼育されている動物たちを見るたびに悲しい思いになることもあります。

例えば、象のような社会性動物が一頭で飼育されているのをみたり、シャチのような1日にとんでもない距離を移動する動物が限られた空間で飼育されているのを見ると、やはり檻に入れて飼育することには限界があると痛感します。彼らの本能を満たすことは決してできません。飼育動物は鬱になって死んでしまうものもたくさんいるようです。このことは『ゾウがすすり泣くとき』という本を読んで知りました。

books.rakuten.co.jp

 

動物福祉がどれだけ進んでいっても限界はあります。彼らの本能のほんの数パーセントしか満たしてあげれない場合も多くあります。それならばいっそのこと飼育施設は廃止すべきだと思うようになりました。段階的廃止でもいいです。

 

例えば、

①新規飼育施設の開設禁止

②1都道府県1動物園まで

③動物福祉が達成されていない動物園の段階的廃止

④飼育施設の基準の厳格化

など。

 

娯楽施設、教育施設、研究機関としての飼育施設のあり方は重々承知しています。むしろ一般的な大人よりもよく理解している自負があります。

でも、だからこそ動物たちの受ける苦痛も強く感じることが多くなりました。

 

今回、提案したのはあくまでも選択肢の一つです。もっと他にいい方法もあると思います。

ですが今回は知っていて欲しかったんです。

動物園の廃止を行う決定をした国があること。

また、これを進めていけば日本が動物愛護先進国になり(もちろん殺処分0などを達成した上でですが)、日本人の動物愛護に対する気風も変わるだろうこと。

 

なかなかすっと受け入れられる内容ではないと思いますが、選択肢として実行した国があることも知っていてほしいと思います。