満月なのでご紹介します。

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

米津玄師さんに影響されてノートを作ったら世界を思い出した。

米津玄師さんが好きです。

未だに、私のブログの検索流入の大半は実は米津玄師さんのある一面を書いた記事です。

ライブ中に突然声が出なくなった米津玄師が圧倒的にベストアクトだった。 - animal reading

 

そんな米津玄師さんが素晴らしいツイートをしていました。 

 

2017年に発表された曲のサビの一番の盛り上がりで使われている歌詞が、2012年のメモに残っていたとのことです。

ピースサイン

ピースサイン

 

 

それ自体もすごいので、米津玄師さんのツイートの中でもかなり広く拡散されています。

でも、僕がいいな!と思ったのは、「さらば掲げろピースサイン」と乱暴に書いてあるのを発見してというところです。

きっと衝動に任せて殴り書きしている言葉だったんだろうなって。そのときの米津玄師さんにとって大切な何かだったんだろうなって他人の私でもわかりました。

 

それと比べるとブログは、文字のサイズとかで重要な箇所を強調するなどはできるものの、その時の衝動までは伝わってきにくいですね。

その原因は、手書きに比べるとパソコンの文字は圧倒的に無機質だからです。

サイズも数パターン、誰が書いても同じ文字、横にしか伸びていかない文章。これで自分のその時の衝動を正確に表現できるのか少し疑問じゃ無いですか?

ノートはそんな制約から解き放ってくれるんですよ!場所も関係ない。絵だって書ける。そういう風に考えると、ブログよりももっと自由です。ノートの方が自分の衝動が圧倒的に入り込みます。こんな世界があることを落書きばっかりしていた小学生の頃は知っていたはずなのに大人になって忘れてしまっていました。

だから、ブログのアイデアノートとしてこれからはノートを使い倒していきます。

 

そして、そんな自分の衝動に向き合える人こそが他人を動かすことができるのだと思います。流行りの言葉で言うとバズることができる。少なくとも米津玄師さんがそのようにして多くの人を感動させているのであれば、僕もそれに倣わない手はありません。

そして、このノートもいつか誰かを感動させることを願って。