満月なのでご紹介します。

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

KOKUYOのingってイスに座って、世界が変わってしまった

KOKUYOのingってイスがやばいング。

 

 

このingっていうイス、現在進行形でイスの概念ぶっ壊してます。

昨日までゲームボーイやってたのに、急にswitchが登場したみたいな。その途中過程似合ったはずのゲームボーイアドバンスとか64とかそういうのぶっ飛ばして進化してしまった感がある。あるいは、おニャン子クラブから乃木坂にきてしまったかのような進化。

 

リズムをつくるイス、それがing

世界で最もイスに座る時間が長い国、日本。

しかし、人の体は、長時間座った姿勢で

働くようにはできていない。

ing は、そんなメカニズムを前提に生まれた。

その新感覚の揺れは、

この国の人々の「座る」を開放する。

 

ingによってイスの概念は変わってしまった。

脚が四本あればイスという時代は実は終わっていて、『座るとなんかいい感じに、傾く』『座りながらにストレッチができる』『腰痛にもよい』『グライング・メカ搭載』これらはingの機能の一部に過ぎないが、これからの時代のisuに必須の条件になってしまったようだ。

f:id:caffeyne:20190406165156j:image

 

「体がなんだか軽くなったみたいです。」

「とにかく座っているだけで楽しいんです!」

 「ingに座っていることが散歩の代わりになるんです。」

 

なんというイス。座るエンタメ。家具界のコカイン。

 

今一番欲しいng

僕は東京にあるコクヨのショールームでたまたま見つけて、たまたま座ってingというハイパーメカを知りました。

 

間違いなく今一番欲しいものなのですが、お高いです。安いモデルでも7万円以上。旅行に行けちまう。よゐこの濱口なら半年以上生活できちまう。

ということで僕はこの次世代のイスをまだ手に入れられていません。皆さんが続々と購入してくれることで庶民価格になるのを待ってます。どうか僕にもこのisuが届くようにしてください。

 

繰り返しますが高いので、ぜひお近くにコクヨのショールームがあれば、そこで試してみていただければと思います!それくらいの距離感が良いっす。庶民が座れる椅子じゃないです。時代が時代なら王座になっていたはず。

 

あー、コクヨの人、僕にingくれないかなぁ。