animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

獣医学部を目指す受験生必見。獣医学部が抱える問題を知っていますか?

2017/0611 この記事を書くきっかけになった『生き物と向き合う仕事』の著者であり、獣医師の田向健一先生よりtwitterでコメントを頂いたので、そちらを追記した。

 

家計学園の問題がニュースを騒がせている。

 

このこと自体は多くのメディアで報道されているので、私はここで論ずるつもりはない。

そうではなくて、少なからず多くの日本人が獣医に関心を持っている今、日本の獣医学部が抱える問題点を知っていてほしいと思う。

特に、獣医学部を目指すご子息がいる方には知っていてほしいです。

 

f:id:caffeyne:20170531221927j:plain

獣医学部と動物実験

問題の一つは、日本の獣医学部では『動物実験』をほとんどの学生が経験するということです。(確か義務だった気がします。)

獣医学部で実施される多くの動物実験は、動物に危害を加えることが必要であり、多くの場合、死に至らしめることになります。

 

考えるまでもなく獣医師を目指す多くの人は、動物を愛している人が多いと思います。そして将来的に動物を救う仕事がしたいと思う人が多いはずです。

それなのに単位取得のためにやりたくもない動物実験を実施し、動物を殺すことになる。

これは非常にショッキングな体験です。

私自身は農学部の出身ですが、大学の授業の一環で1匹だけマウスを殺し解剖したことがあります。(これも必修でした。)

まず、先輩がどのように解剖するのか見本を見せてくれたのですが、あまりの光景に失神する女の子すらいました。

それほど、死というものは大きな衝撃を与えます。

 

ただ、学部、あるいはそのあとに配属される研究室では日常的に動物実験がおこなわれる場合があります。

そんなときにいちいち大きなショックを受けていては心が持ちません。

私は心理学の専門ではありませんが、動物実験に携わる多くの人はきっと自己防衛の一環として動物を殺すことに『慣れ』るのだと思います。

そして、その背景には医学の進歩という大義名分もある。

実際、日常的に動物実験を行う友人をみているとそこには善悪の感情は無かったように思います。

 

だから、まずは獣医学部とはそういうところの可能性があるということを知っていてほしいです。

 

動物実験のない獣医学部

何かの本で読みましたが、アメリカのどこかの大学では動物実験をせずに獣医学の学位をとれる大学もあると知りました。

全ての獣医学部が動物実験を廃止するべきだとは思いませんが、動物実験を廃止する獣医学部が日本にできればそれはそれで多くのニーズを満たすことになると思います。

心からそんな獣医学部が出来ればなと思います。

 

獣医学とは何か/動物と向き合う仕事

獣医学は元々、人類の健康を職を守るための学問だから、動物を救うことが真理ではない。

臨床現場で出会った生き物たちを通じて考える

命とは、病気とは、生きるとは?

(生き物と向き合う仕事/田向健一)

獣医学とは何かを考える上で、参考にすべき本があります。

田向健一さんの動物と向き合う仕事という本です。

 

 

獣医学部で何を学ぶのかというような基本的なことまで書いているので、興味のある方は是非手に取ってみてほしい。

基本的ながらもきちんと学問のことを教えてくれるので、勉強の道具にもなりえる。獣医学部の1・2年生くらいでどんなことを学ぶのかということの参考にもなると思います。

ただ、ずいぶん前に読んだ本ですが、強く印象に残っていることがあります。

それは、この著者が動物に対して愛情を持っていると同時に、非常にドライな感情も持ち合わせているということでした。

最初に引用した文章からもその一端を覗くことができると思います。

 

twitterで田向健一先生からコメントを頂くことが出来ました。

原文のまま紹介いたします。

 

超個人的にですが、本の著者の方とコミュニケーションを取れたのは初めてだったため非常に斬新で嬉しかったです。

 

命の価値を高めるために

ここからは私の想像ですが、獣医学部は動物実験を通して、動物に対してドライになるような価値観を学生に植え付けるような一面があるのではないでしょうか。

そして、そのような価値観のもとに獣医師立会いのもとによる動物の殺処分が行われたりしている可能性があるのではないかと思います。

20歳前後という多感な時期に、強制的に動物実験を行うことが私には正しいこととはどうしても思えませんでした。

だから、あえて獣医学部の問題として問題提起させていただきました。

 

 関連記事

caffeyne.hatenablog.com

獣医以外にも動物のための学問は存在します。私が知っているのは動物行動学という学問です。

そのことについて記事を書いたので関心のある方は是非読んでみてください。