animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

日本でも平飼い飼育(ケージフリー)の卵を選ぼう。

まずはこちらのニュースを読んでみてください。グロい画像は出てきません。

www.cnn.co.jp

 

平飼い飼育の卵って?

バタリーケージという省スペースで産卵を行わせるケージ(檻)を使用せずに育った鶏の卵の事です。

バタリーケージの詳細はこの後紹介しますが、平飼い飼育というのは鶏にとって不快感の少ない環境で産まれた卵のことです。

より専門的な言い方をするならば、動物福祉に考慮した飼育方法で産まれた卵のことです。

 

バタリーケージの何がダメなの?

1羽あたりのスペースがA4のコピー用紙以下だと言われています。

産卵鶏は2年くらいで廃棄されるので、産まれてから2年の間の全生活をそのあまりにも狭いスペースで生きることになります。

それがバタリーケージです。

ちなみに日本の卵の90%以上がバタリーケージで生産されているといわれています。

2007年畜産技術協会調べ)

 

海外ではバタリーケージの廃止運動が進んでいます。

最初のニュースで紹介した米ウォルマートもそう。

もう少し大きなスケールで言うと、2012年1月1日EUが産卵のためのバタリーケージの禁止という重要な規制が実施に移ったとのこと。

また、アメリカとカナダのマクドナルドが、バタリーケージ卵の廃止を発表。
「今後10年かけてケージフリー卵に切り替える」そうです。

日本では外食産業でこのような動きはまだないようですが、わかり次第発信したいと思います。

 

日本でもケージフリーの動きは拡散できるのか。

日本の卵の生産量

平成25年の鶏卵生産量は252万1,974t(農林水産省より)

90%の227万tがバタリーケージ産。

10%の25万tがケージフリー産。

 

ちなみに、卵は96%を自給しているとのことなので、この比率がそのまま流通の比率になると考えて問題ないと思われます。

(日本養鶏協会より)

 

日本の卵の消費量

日本人は「たまご大好き」。国民一人あたりの消費量はメキシコに続いて第2位(2011年実績、出典IEC)で、年間平均320個以上を消費しています。玉子焼き、目玉焼き、親子丼、玉子豆腐などのたまご料理だけでなく、パン・ケーキ、マヨネーズ、ハム・ソーセージ、かまぼこ・ちくわなど各種加工食品の原料としても使用されています。

その用途別使用割合は、おおよそ家庭用向けパック卵50%、業務用向け箱玉30%、加工メーカー向け原料卵20%です。(キューピーHPより)

家庭向けが非常に大きな割合を占めていることが分かります。

消費トン数はわかりませんでしたが、卵はほとんど輸出できていないようなので、

生産量≒消費量と考えてほぼ間違いないと思われます。

 

日本はケージフリーに移行できるか

ここまで生産量と消費量の関係を見てきました。

現状だとケージフリー卵の生産量は消費量に全く届かず、移行は難しいと思われます。

 

なぜなのか。

 

まず消費者側(=市場)の問題を考えます。

ケージフリーの卵はバタリーケージの卵の2倍くらいの価格になると思われます。

正直、高いです。

これを消費者が選択するか疑問です。

あとは、生産量が少なすぎて、消費者も流通に携わるスーパーの経営者や店長さんも、ケージフリーの卵のことを知らない事実があると思います。

だからスーパーに置かれることもない。だから消費者も知ることが無い。

 

次に生産者側の問題。

素人考えですけど、卵ってブランドイメージをつけるとことが難しそうな印象です。

となると、コスト競争になってしまう結果、省スペース・大量生産のバタリーケージに頼ってしまうのかなと思います。

また、ケーキやパンを廉価で一般大衆が買えるのは自分たちのおかげだという自負もあるかもしれません。

あとは、ケージフリーの卵にニーズがあるのかどうか不透明ですよね。

ただでさえ養鶏業者は、鳥インフルエンザなんかのリスクを背負っている上に、それ以上のリスクは背負いたくないのが実情なのかなと思います。

 

これらのことを考えると今の日本には、バタリーケージからケージフリーに移行する土台が無いに等しいのではないかと思います。

 

だから消費者から良いサイクルを作りましょう

上述しましたが、消費量の約50%が家庭での使用です。

マクドナルド等の外食産業よりも一般家庭の消費量の方が多いのです。

だから、まず我々消費者がケージフリーの卵を選択しましょう。

 

そして、ケージフリー卵のニーズが増えればケージフリーの養鶏業者も増えると信じましょう。

我々がケージフリー卵のニーズがあると示すことで、養鶏業者にリスクなくケージフリーに移行してもらえるように。

 

次にスーパーに行くときに少しでいいのでケージフリーのことを思い出してみてください。

 

関連HPについて

『ケージフリー 卵』とかで検索すれば色んなHPが出てきます。

興味があれば調べてみてください。(※中にはショッキングな画像が出てくる場合もあるので注意してください。ただ、それも悲しい現実の一つですが。)

 

その中でもわかりやすいと思ったブログを紹介しておきます。(ほんの少しだけショッキングな画像があります。)

189-0000.com

 

スーパーのヤオコーさんが平飼い卵を陳列してくれました!!!2016年追記

スーパーにいってこれほど嬉しかったことはないです。

 

かねてよりスーパーのヤオコーさんのとある店舗に平飼いの卵を置いてくださいとお願いしていました。

私がビビりやろうなので店舗名までは言えませんが。

メールで要望を出させて頂いていたんですけど、お忙しいのかなかなかお返事をもらえなくて、それでも日々卵の陳列コーナーはチェックしていただけに、発見した時は死ぬほど嬉しかったです。

 

ちなみに半年以上販売を続けてくださっています。

 

卵の紹介!!!

で、その置いていただいた平飼い卵がこちら!!!

f:id:caffeyne:20160709191104j:plain

農林水産大臣賞受賞だそうです。

こういう言い取り組みに賞を与える農林水産省、グッジョブです。

思いっきり陽を浴びて、しっかり食べてよく運動する鶏による卵です。

左下にちっちゃく1坪(約二畳)に15羽のゆったりスペースと書かれています。

 

f:id:caffeyne:20160709191529j:plain

容器の内装にまで凝っております。

 

f:id:caffeyne:20160709191748j:plain

美しい。

 

あいだのたまごって???

長野県の信州たまご山ランドさんが販売する卵です。

そして、その場で卵かけご飯等が食べられるたまごの駅というものも運営しています。

 

この中に鶏たちの写真もあるのですが、本当に広々としたところで飼育されているのがわかります。

また、卵かけご飯などもその場で食べられるみたいです!!

 

こんな風に、ここのサイトを見ているのが楽しくてウロウロしていたんですけど、ものすごいものを発見しました。

たまごの駅 / アニマルウェルフェアって何?

 

!!!

 

アニマルウルフェア(=動物福祉)の文字があるじゃないですか!!!

しかも内容も凄くわかりやすい!!!

というか、養鶏所の方から見たアニマルウルフェアが書かれています。

放し飼い平飼いの鶏舎で飼育することによりアニマルウェルフェア AnimalWelfare(動物福祉:快適性に配慮した家畜の飼養管理)を目指しています。1960年代に英国で提起されました「5つの自由」を中心にこの概念が普及し、その後EU指令として規定され、各国が法令・規則を制度化しました。 「5つの自由」は①飢餓と渇きからの自由②苦痛・傷害・疾病からの自由③恐怖・苦悩からの自由④物理的・熱からの自由⑤正常な行動が出来る自由の観点ではかられています。 そのなかで①から④は今までの飼育方法でも飼養管理の中で解決できますが、⑤の「正常な行動の自由」のうち鶏は砂浴びや自由に歩行できる行動欲求が強いとされていてその行動を満足するために従来のケージ鶏舎ではその条件を満たすことが出来ません。 (あいだのたまごHPより)

最後の赤字で書いた部分って私のような素人ではなかなか思いを馳せることが出来ない部分なのかなと思います。

こんな風に鶏のことを思ってあげれている養鶏業者さんから卵を買いたいと思うような内容でした。

 

ちなみに、信州たまご山ランドさんの生産能力は以下の通りで、平飼い飼育がすべてではありません。(信州たまご山ランドHPより)

2011年10月現在
【成鶏】約19万羽(約120日令で導入・約530日令で親メス出荷)
【平飼鶏舎】約5万5千羽
【ケージ鶏舎】約13万羽
【育雛鶏舎ケージ】約3万5千羽(43日令から約120日令まで)

 

リスクヘッジのためにケージ鶏舎も置いているのかもしれませんが、どんどん平飼い鶏舎の比率が大きくなっていってほしいですね。

 

YOU TUBEに動画もあったのでこちらもご参照ください。

広い施設で飼育されている鶏を見ることが出来ます。(もちろんグロい描写はありません。)


平飼いたまごの誕生 農事組合法人 会田共同養鶏組合

 

また、こちらの卵はらでっしゅぼーやさんで買えるみたいです!

平飼いの商品検索結果一覧 | らでぃっしゅぼーや 有機野菜・無添加食材の宅配ネットスーパー

長野県が遠かったり、スーパーに置いてもらうのに時間のかかりそうな方は是非こちらも検討してみてください。

 

まとめ

ヤオコーさんにおいてもらえたのが嬉しすぎて、色々調べてしまいました。

ヤオコーの担当者様も色々調べて頂いた上で、導入に踏み切ってくださったのだと思います。

私一人の消費量ってたかだかしれているので、今後も継続して置いていただけるか一抹の不安はあります。

でも、少なくとも担当者様に平飼いのことを調べて頂いたわけだし、消費者の方の目に留まり、何かを感じてくれる方もいるかもしれません。

 

小さな取り組みに映るかもしれませんが、私にとって大きな一歩であることは間違いないです。

皆さまも近所のスーパーで平飼いの卵を見ることがあれば、鶏たちのアニマルウルフェアのために何回かに1回でもいいので、それらを購入するということを検討してみて頂けないでしょうか。

私たちの選択が世界を変えていくと信じて!