animal reading

社会問題(特に動物問題)と読書のブログ

詐欺は経済を停滞させるからやめてくれ。特に、お年寄りを対象とした詐欺はマジでやめろ。

twitter登録3,000円とか携帯ショップとかに行ったらサービスとして普通にあったりしますよね。

 

あれ、サービスじゃなくて詐欺だと僕は思っています。

どう考えても3,000円の価値がないじゃないですか。デジタルに慣れた人だったら一瞬でできることなので。

もちろん、サービスを受けた人が満足しているなら問題ないんですが、後から色々振り返ったときに、あの金額は騙されていたんだなとかって思ったら嫌な気持ちになるじゃないですか。

もちろん、それだけじゃなくてオレオレ詐欺とかを含む全ての詐欺は本当にやめてほしいんです。

なぜそう思うのかというと、騙された人が取れる簡単な防衛方法が何もしないことだからです。騙された本人じゃなくても、騙される可能性があるということを考えた人が取れる防衛方法も何もしないことです。

 

でも、僕はみんなに何かしてもらいたいと思っているんです。

プログラミングに興味を持つ80歳の方がいたっていいし、siriを使いこなすおばあちゃんがいたっていいと思うんです。そんな社会の方が生産性があって素晴らしくないですか?

最高齢のエンジニア?81歳のおばあちゃんが作ったゲームアプリ『hinadan(ひな壇)』が話題沸騰中 - isuta[イスタ]

 

だから、その入り口で詐欺まがいのことは絶対にして欲しくないんです。

 

特に、お年寄りを対象とした詐欺は本当にやめてほしいんです。

なぜかというと、僕はなめらかなお金がめぐる社会の実現を夢見ています。これは家入一真さんが提唱されていることです。

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

  • 作者: 家入一真
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/08/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

なめらかなお金がめぐる社会の実現のためにはお金の停滞は極力無くしていく必要があります。そして、お金が停滞している場所の一つがお年寄りが持っている貯金です。

その停滞を解消して、流れを作るためにはお年寄りの方のいままで以上の積極的な社会参画が必要になるんですよ。

でもそれを阻んでいるものの一つが詐欺だと僕は思っています。

 

ちなみに、寄付関連の考え方の中に遺贈寄付というものがあります。これは、ある方が亡くなられた際に、その遺産を寄付していただくというものです。

僕は、この遺贈寄付という考え方があまり好きではないんです。せっかくだったら、生きているうちに社会に参画するとか寄付するとかして、成功体験を得て、気持ちよくなってほしいんです。

だから、クラウドファンディングとかやってほしいです。例えば出資したロケットが宇宙に到達するのを見て一緒に感動したいです。

僕はそんな社会を目指しています。

 

だから詐欺はやめてほしい。詐欺師だけじゃない。詐欺のようなサービスもやめてほしい。そんなことしたって、社会にとっていいことなど何もないのだから。