読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クジラの歌

生物多様性の理解と動物福祉の向上を目指して。

【感想】14歳からの哲学【池田晶子】

佐藤優が勧めている書店の一つに八重洲ブックセンター本店がある。

 

以前、そこを訪れた際に没後10年池田晶子ブックフェアという催しが開催されていた。

 

社会科学に関心のある私としては池田晶子という人がどんな人かそのときから気になったので、今回もやはり本を読むことにした。

読んだ本はこちら。

f:id:caffeyne:20170325093213p:plain

 

14歳からの哲学入門

池田晶子は、哲学者、文筆者として紹介されることが多いが、なんといってもその特徴は若者に向けて書かれた平易な文章だと思う。

本書も14歳に向けて書かれた本ということだけあって、言葉使いは非常に優しい。

しかしながら、書いてあることは決して優しくない。14年を2回以上生きている私でも特に第一章は理解しきれず何度も読み返すことが多かった。

ただ、池田晶子が望んだのは恐らく本書の徹底的な理解ではなく、普段考えないことを意識すること。たったそれだけだと思う。

そう思った明確な根拠はないが、記憶のどこかで意識さえしておけばいつかじわじわと理解が追い付いてくるような内容だと感じたからだ。

 

さて、抽象的な感想を書いたがここからは少しだけ具体的なことを書いていきたいと思う。

本書においても、第一章はより本質的なもの、第二章はより具体的なものが対象として書かれている。

 

その第二章のなかに『メディアと書物』というテーマがあるのでそちらを引用して紹介したい。

 

メディアと書物

(テレビについて)人が死んだりビルが倒れたりしている映像を見ることは、君にとってどんな意味があるかしら。

衝撃的、刺激的、つまり見たいからみているということだね。これは、テレビが無かった時代に人がよその火事を見に走る心理と同じ。つまり野次馬根性だ。でも、他人の不幸を刺激にするのはあまりいい趣味じゃない。その証拠に、次に始まる下品なお笑い番組なんかを見て、平気で人は笑ってるだろ。戦争からお笑いまで、全部が一律に電波で流されるから、人は、大事なことと大事でないことの区別がつかなくなっちゃうんだ。

 

情報は変化するものだけれども、知識というのは決して変化しないもの、大事なことについての知識と言うのは、時代や状況によっても絶対に変わらないものだということだ。

 

賢い人々が考え抜いてきたその知識は、新聞にもネットにも書いていない。さあ、それはどこに書いてあると思う?

古典だ。古典という書物だ。いにしえの人々が書き記した言葉の中だ。何千年移り変わってきた時代を通して、全く変わることなく残ってきたその言葉は、そのことだけで、人生にとって最も大事なことは決して変わるものではないということを告げている。それらの言葉は宝石のように輝く。言葉は、それ自体が、価値なんだ。だから、言葉を大事に生きることが、人生を大事に生きるということに他ならないんだ。

  

言葉の価値を知らずにいるから、最近は人々が本を読まない。

 

しっかり考えて、賢い人間になりたいのなら、やっぱり本を読むのがいい。むろん、どんな本でもいいというわけじゃない。本物の人が書いた本物の本だ。メディアの策略で流行になっているような本は、まず偽物だ。だまされないように、見る目を鍛えて。

絶対に間違いがないのは、だからこそ、古典なんだ。古典は、考える人類が、長い時間をかけて見抜いた本物、本物の言葉なんだ。消えていった幾銭の偽物、人の心に正しく届かなかった偽の言葉の群の中で、なぜその言葉だけは残ってきたのか、はっきりとわかるとき、君は、いにしえの賢人たちに等しい知識を所有するんだ。これは、ネットでおしゃべりするなんかより、はるかに素晴らしいことじゃないか。

 ※全て14歳からの哲学入門より引用

 

これらの引用部が読解できないという人はいないと思う。だからこそ私の感想が必要とされているのかは疑問ではあるが、私のために書き記したい。

これらの言葉の中で私が最も感銘を受けたのは『戦争からお笑いまで、全部が一律に電波で流されるから、人は、大事なことと大事でないことの区別がつかなくなっちゃうんだ。』という言葉だ。

人が大事なことと大事でないことの区別がつかなくなってきているのかどうかはわからないが、これはテレビと本の圧倒的な違いだと感じたからだ。本の世界は一貫している。テレビの世界は断続的に繋がっている。この差は大きいと感じた。

しかしながら、そう考えていくと映画もテレビゲームも一貫しているため、一貫性が本に固有の特性というよりは、断続性がテレビが唯一持っている特性と捉える方が正しいかもしれない。

ただ、私は本の固有の特性を紹介したいのではなく本には何かあるということを紹介したいので、この言葉を紹介させて頂いた。

 

また、池田晶子は古典の重要性を述べるが、古典は非常にとっつきにくい。特に数多ある古典の中で最初に手にした古典が特に読みにくい物だった場合など、読み進めていくことが出来ず、失敗体験として残ってしまう危険性があると思う。

確かに時間の篩の中で残ってきた書物は素晴らしいはずだが、排他的な危険性を同時に持ち合わせているので、読書の初心者が古典から入るのは私はあまりお勧めしない。

ただ、やはり本には何かがあり、その中でも洗練されてきた古典の中には特に何かがあるということを伝えたかったため紹介した。

 

まとめ

本書は14歳からの哲学入門と銘打たれているが、大人が読んでも読みごたえのある本である。哲学と言ってもレヴィストロースやヘーゲルらが出てくるわけではない。

生きていく上で重要なことを優しい言葉で語りかけてくれる本である。

本書を手に取れば自分一人では思いもよらなかったことに出会い、考えることが出来るはずだ。

私の人生において大切な位置を占めることとなったこの本を、一人でも多くの人と共有できれば嬉しい。

14歳からの哲学 考えるための教科書

14歳からの哲学 考えるための教科書